百度、アリババ、テンセントが投資した中国AI企業の特許調査・分析

 
  5月に「中国AI公司融资升温,二级市场接力注资」という記事が騰訊QQに掲載されました。この記事では、IT桔子データベースの情報に基づいて、百度、アリババ、テンセント(BAT)が2021年3月末までに投資した中国AIスタートアップ業界に関するデータが集計されています。

(参考記事)https://new.qq.com/omn/20210507/20210507A05BVL00.html

この記事では、BATから投資を受けた中国AIスタートアップ企業に関する情報がさまざまな軸によって分析されています。本ブログでは、これらの中国AI企業の知財情報を調べて、特許出願動向や技術的特徴について簡単にまとめました。    
 

もくじ

1. BATが投資したAI企業の知財情報

2. 百度が投資したAI企業の特許出願状況

3. アリババが投資したAI企業の特許出願状況

4. テンセントが投資したAI企業の特許出願状況

5. まとめ

1.  BATが投資したAI企業の知財情報

  現在、世界で普及しているMaaSシステムは、次の2つのモデルに分けられる。

  市場主導型モデル。市場の需要に基づいてプラットフォームが形成され、サプライヤーはプラットフォームからサービスを調達して消費者のトリップチェーンに提供する。このモデルは初期段階では開発しやすいが、プラットフォーマーとサプライヤーと間で競争が形成され、市場の混乱を招きやすい。

  政府主導型モデル。政府が有能なMaaSプラットフォームと契約を結び、そこへ交通機関の運行データを提供する。政府はプラットフォームからサービスの提供を受け、そのプラットフォームを定期的に評価するための指標を設定している。

  こうした2つのモデルが機能すると、政府の規制のもとモビリティサービスの公平性と質を確保し、都市交通の秩序ある発展を導くことができる。海外のMaaSプラットフォームは市場主導型が多く、中国国内のMaaSプラットフォームは政府主導型が多い。例えば、北京、深圳、広州でMaaSの導入を検討した当初は、交通情報の全体的な統合を図った。 

お問い合わせはこちら

2.百度が投資したAI企業の特許出願状況

百度投資スタートアップ

左の表は百度が投資したAI企業の一覧です。上記の記事「中国AI公司融资升温,二级市场接力注资」から引用しました

(1)百度が投資したAI企業の特許出願推移

百度投資スタートアップ特許出願


  百度が投資したAI企業48社からは5,270件の特許と実用新案が出願されていました。ピークは2018年です。2019年から2020年にかけて出願件数が減少している原因として、中国における出願日の要件が影響していると思われます。中国の特許法である「専利法」の第34条では、中国で出願された特許は出願日から18か月後に公開されると規定されています(専利法第34条細則第46条には、請求に基づく早期公開に関する規定があります)。このため、2019年と2020年に出願されていてもまだ公開されていない特許が存在する可能性があります。

(2)百度が投資したAI企業の特許出願上位企業

百度投資スタートアップ特許

  蔚来汽车のみで全体の約4割を占めています。蔚来はテンセントからも4回投資を受けています。

蔚来汽车は「中国テスラ」の異名を持ち、2021年4月の販売台数が前年同月比125.1%の7,102台となったことを5月1日に発表しました。世界的なチップ供給不足の影響を受けているにもかかわらず、蔚来は市場からの強い需要を維持しており、今年で3度目となる月間7,000台以上の出荷を実現し、急速な成長を続けています。

(参考記事)https://www.nio.cn/news/202105001?noredirect=

(3)百度が投資したAI企業の特許出願技術動向

百度投資スタートアップ特許


  グラフの左側に記載したIPCに基づく技術分類を見ると、電気自動車のバッテリーに関する技術分野が上位を占めています。この分野からは以下のような特許が出願されています:

CN110077368A 模块化的换电站(モジュール化されたバッテリー交換所)-上海蔚来汽车有限公司
CN109969146A 移动式换电装置以及移动式换电装置组合(移動式バッテリー交換装置および移動式バッテリー交換装置組立体)-上海蔚来汽车有限公司

  次に、文字・パターン認識関連技術が続いています。この分野からは以下のような特許が出願されています:

CN112101092A 自动驾驶环境感知方法及系统(自動運転環境検知方法およびシステム)-北京智行者科技有限公司
CN112287918B 一种人脸识别方法、装置及电子设备(顔認識方法、装置、および電子機器)-湖北亿咖通科技有限公司 

お問い合わせはこちら

3. アリババが投資したAI企業の特許出願状況

アリババ投資スタートアップ特許

左の表はアリババが投資したAI企業の一覧です。上記の記事「中国AI公司融资升温,二级市场接力注资」から引用しました。

(1)アリババが投資したAI企業の特許出願推移

アリババ投資スタートアップ特許


  アリババが投資したAI企業30社からは7,467件の特許と実用新案が出願されていました。ピークは2019年です。2020年以降の出願件数が減少している理由は、上記2(1)百度の場合と同様と思われます。

(2)アリババが投資したAI企業の特許出願上位企業

アリババ投資スタートアップ特許


  商汤科技の企業名が複数に分かれて抽出されているので、合計すると商汤科技が第1位となり、小鹏汽车がその後に続いています。

商汤科技は、これまでに6件の資金調達を完了しており、累計額は約30億米ドルです。商汤科技は、旷视科技、云从科技、依图科技とともに「AI四小龍」(AIソリューションを提供する中国のトップ4社の総称)と呼ばれています。2021年5月末に発表したインテリジェントメディア機能プラットフォームでは、映像・画像コンテンツのマルチモーダルなインテリジェント解析を実現することで、メディア処理からコンテンツ制作、レビューに至るまでの全プロセスの機能と効率を総合的に向上させ、5G時代のメディア産業の「新しいAIインフラ」の構築に貢献しています。

(参考記事)https://baijiahao.baidu.com/s?id=1700999999985473237&wfr=spider&for=pc 

(3)アリババが投資したAI企業の特許出願技術動向

アリババ投資スタートアップ特許


  文字認識やパターン認識技術が上位を占めており、これらの分野からは以下のような特許が出願されています:

CN112801025A 目标特征确定方法及装置、电子设备和存储介质(対象物特徴決定方法、ならびに装置、電子機器、および記憶媒体)-北京市商汤科技开发有限公司
CN111428651A 一种车辆的障碍信息获取方法、系统及车辆(車両の障害物情報取得方法、システム、および車両)-广州小鹏汽车科技有限公司

  ニューラルネットワーク技術や学習技術がその後に続き、この分野からは以下のような特許が出願されています:

CN112633490A 执行神经网络模型的数据处理装置、方法及相关产品(ニューラルネットワークモデルを実施するためのデータ処理装置、方法、および関連製品)-上海寒武纪信息科技有限公司
CN112766466A 一种神经网络架构搜索的方法、装置和电子设备(ニューラルネットワークアーキテクチャを検索するための方法、装置、および電子機器)-北京市商汤科技开发有限公司 

お問い合わせはこちら

4. テンセントが投資したAI企業の特許出願状況

テンセント投資スタートアップ特許

  左の表はテンセントが投資したAI企業の一覧です。上記の記事「中国AI公司融资升温,二级市场接力注资」から引用しました。

(1)テンセントが投資したAI企業の特許出願推移

テンセント投資スタートアップ特許


 テンセントが投資したAI企業56社からは9,515件の特許と実用新案が出願されていました。出願推移は、2,3に記載した百度とアリババの投資先の出願推移と同様の傾向を呈しています。

(2)テンセントが投資したAI企業の特許出願上位企業

テンセント投資スタートアップ特許


  蔚来汽车の企業名が複数に分かれて抽出されているので、合計すると蔚来汽车が第1位となり、优必选科技と搜狗科技がその後に続きます。

  优必选科技は、AIとヒューマノイドロボットの分野におけるリーディングカンパニーです。コンシューマー向けヒューマノイドロボット、企業向けサービスロボット、STEM教育に関するロボットなど、ロボットのポートフォリオ全体の立ち上げに成功しています。优必选は、ディズニー、アップル、アマゾン、テンセント、清華大学などと協力関係にあります。

(参考記事)https://www.businesswire.com/news/home/20210111005230/en/UBTECH-Showcases-New-UV-C-Robots-at-CES-2021


  搜狗科技は、コミュニケーションや情報入手の利便性向上を使命とし、中国においてモバイルクエリで第2位の検索エンジン、MAUで第4位のインターネット企業へと成長しました。搜狗は、革新的な製品やサービスを幅広く提供していることに加え、AI開発の最前線に位置しており、音声・画像技術、機械翻訳、Q&Aなどで大きなブレークスルーを実現しています。

(参考記事)https://www.prnewswire.com/news-releases/sogou-announces-first-quarter-2021-results-301291464.html 

(3)テンセントが投資したAI企業の特許出願技術動向

テンセント投資スタートアップ特許


  通信制御技術やデータベース技術が上位を占めており、これらの分野からは以下のような特許が出願されています:

CN112738271A 一种CDN质量的探测方法、系统及域名服务器(CDN品質の検索方法、システム、およびドメイン名サーバー)-网宿科技股份有限公司
CN112398890A 一种信息推送方法、装置、和用于推送信息的装置(情報プッシュ方法、装置、および情報をプッシュするための装置)-北京搜狗科技发展有限公司
CN109033423A 同传字幕显示方法及装置、智能会议方法、装置及系统(同時通訳の字幕表示方法および装置、インテリジェント会議方法、装置、およびシステム)-北京搜狗科技发展有限公司、搜狗(杭州)智能科技有限公司
CN109063142A 网页资源推送方法及服务器(ウェブページリソースプッシュ方法およびサーバー)-网宿科技股份有限公司 

5.まとめ


  BATが投資したAI企業の3つのグループにおいて、出願推移では共通した特徴が見られましたが、技術分野では異なる特徴が見られました。具体的には、百度の投資先では、電気自動車のバッテリーに関する特許、アリババの投資先では、文字・パターン認識やニューラルネットワークに関する特許、テンセントの投資先では、通信制御やデータベースに関する特許がそれぞれ出願されていました。どのグループからも共通して出願されていた特許は、文字・パターン認識に関するものです。

  この分析は簡易的なものですが、IPOMOEAは中国の調査会社と連携していることから、より詳しい特許調査・分析を提供できます。各種ご要望に応じた特許調査プランを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

  詳しくはこちら 

特許調査レポートのサンプルをご紹介

今すぐ無料で問い合わせる

報告書作成例は可能な範囲でご提示させて頂きますので、お気軽にお問い合せください。

特許翻訳・技術翻訳IPOMOEA Co.,Ltd.

  • Copyright © IPOMOEA Co., Ltd. All Rights Reserved.

Contact Us

  • 株式会社 IPOMOEA
    〒 924-0878
    石川県白山市末広1-156 (306)

  • 076-220-7091

  • 【受付時間】平日 10:00~18:00

Site Map