オンライン英作文

ONLINE ENGLISH

語学学習に必須のインプットとアウトプットの反復の手段として、英作文の演習をオンラインで行います。
各種形式で英作文を行っていただき、オンラインで提出すると、講師が添削を行ってから返送いたします。
修正のほかにコメントも記載いたします。

CURRENT STATUS

スクール

中学・高校と6年間も勉強しているのに、英語をまったく話せるようにならないのはなぜでしょうか?
幼少時から塾や英会話教室に通っていたとしても、思うように英会話が身に付かない。大人になってからも、英会話教室に通ったり独学で勉強してTOEICを受験して高得点を獲得できていても、いざ英語で会話しようとすると、なにも言えなくなってしまう。

なぜだと思いますか?

簡単に言えば、英語で文章を作ることに慣れていないからです。
その理由として、中学・高校の6年間の学習の場と、大学生や社会人になってからの環境において、“話せるようになるための徹底した訓練”が行われていないことが挙げられます。教室で机に座って先生や講師の説明を聞いているだけでは、あまり効果が得られません。

英会話教室で、少数人数制のクラスに参加しても、講師が話す英語を身近に聞く機会には恵まれますが、生徒自身が実際に“英語で発言する十分な機会”は与えられていないことがほとんどだと思います。また、単語や文法を努力して暗記すれば、テストなどでは高得点を取れるようになるかもしれませんが、“英語で話せる”ようになるかどうかは、また別の問題です。
これについて同様に感じている人も少なくないと思います。

英語学習の不足の原因

発信型学習の重要性

上述のような従来の学校や塾の問題点は、インプット(学習内容を取り入れる)とアウトプット(取り入れた内容を取り出す)の両立、およびその二つの反復がなされていないことにあります。授業などで取り入れたことは、そっくりそのまま全部取り出せるようになってはじめて、ようやく一つの能力として身に付けることができたと言えます。どちらかと言えば、アウトプットの時間が多い方が上達の効果が顕著に現れます。

さらに、間違えた箇所やよく理解できていない箇所は正確にアウトプットできるようになるまで、その部分の学習を徹底的に繰り返すことで確実に身に付けてしまうことが重要です。

これらは、発信型学習と呼ばれています。学習したことを自ら能動的に発信する作業(アウトプット)を行うことを指します。
(学校などで行われている座学中心の学習は、受信型学習と呼ばれています。先生の話していることを受動的に聞いて、その内容を暗記する作業(インプット)を指します。)

現在の学校や塾の教育に足りないものは、この発信型学習であると考えます。
そのため、時間や労力をかけている割には手ごたえが感じられない、という状況に陥っているのだと思われます
(実際には受信型教育を行っているにすぎないため)。

CHARACTERISTIC

イポメアの発信型学習

IPOMOEA の英語学習では上述の問題に着目し、発信型学習に重点を置いてレッスンを展開することで、
従来の学校や塾などでは身に付けることができなかった
“実際に英語を話せる能力”を確実に習得できるようにします。

IPOMOEAのオンライン英作文のメソッド

学習メソッド

私たちが最も重要視することが、“英作文の訓練”です。
アウトプットの手段はいくつかあり、演習問題を解いて理解度を確認する
こともその一つですが、一般の問題集について言えば、選択式や穴埋め式
問題が半部以上を占める傾向があります。

実際に話すときは、これらの選択肢も並んでいる単語も見せてもらえるわけではなく、頭のなかで何もないところから英文を一から構築したうえで、口に出して話さなければなりません。

また、中・高生の場合、全教科に関して言えることですが、入試や学力テストにおいて、今後、“自由記述欄”が増加していくことが予想されます。英語の場合は、当然のことながら、それを英語で記載することが要求されます。
英検に関しても2017年試験から、準2級および3級においてもライティングテストが導入されました。
それらのことを鑑みたうえでも、英会話の練習に英作文の訓練を取り入れることは、非常に有意義なことであると考えます。

METHOD

オンライン英作文の方法

ご自宅やお勤め先など、お好きな場所で英作文を行って、
それをオンラインで送付していただければ、講師がその英作文を添削して返送させていただきます。

添削のほかにコメントも記載いたしますので、より幅広い学習が可能です。
学習過程で生じた不明点についても、ご質問いただければ回答させていただきます。

CONTENTS

日本語から英訳を作成するパターン、テーマを与えられて英作文を行うパターン、
自由に英作文を行うパターン、などから、お好きなものを選んで学習していただけます。

英作文の提出フォーマットについては、テキスト形式はもちろんのこと、
手書きの文章をPDF化したものや、スマートフォンなどで撮影したファイルなどもご使用いただけます。

FEE

word数料金(税込み)
100 word500円
200 word1,000円

中国語レッスン

中国語のオンライン英作文も、英語と同様の内容になります。

to top