The Lake Isle Of Innisfree

毎日暑い日が続いていますね。

田んぼの稲が青くすくすくと育っているのを見ると、
必ず思い出す詩があります。


The Lake Isle Of Innisfree(イニスフリーの湖の小島)
~William Butler Yeats(ウィリアム・B・イェイツ)


イエイツについて

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%84

出典 Wikipedia


The Lake Isle Of Innisfree(原文)



I WILL arise and go now, and go to Innisfree,
And a small cabin build there, of clay and wattles made:
Nine bean-rows will I have there, a hive for the honey-bee,
And live alone in the bee-loud glade.

And I shall have some peace there, for peace comes dropping slow,
Dropping from the veils of the mourning to where the cricket sings;
There midnight's all a glimmer, and noon a purple glow,
And evening full of the linnet's wings.

I will arise and go now, for always night and day
I hear lake water lapping with low sounds by the shore;
While I stand on the roadway, or on the pavements grey,
I hear it in the deep heart's core.


イニスフリーの湖の小島(対訳)



いまこそ腰を上げてイニスフリーへ行こう
そこに粘土と漆喰で小さな小屋を建て
畑に豆を九列に植え ミツバチの巣箱を据えて
蜂といっしょにのんびり暮らそう

そこなら心穏やかに暮らせるだろう
朝日とともにこおろぎが鳴きだし
夜は星明りを 昼間は日の光を浴びて
黄昏にはひわの群がやってくるだろう

いまこそ腰を上げよう 湖の快い波の音が
わたしを呼んでいるのが聞こえてくるから
道を歩いていても 街中でたたずんでいても
その音が心の底から響いてくるから


出典
http://poetry.hix05.com/Yeats/yeats03.innisfree.html


「イニスフリーの湖の小島」を読んでみて



わたしがこの詩を知ったきっかけは、
イギリス文学を勉強していたときではなく、
映画を見ていたときです。

イエイツの詩は、
「ノーカントリー」
「ミリオンダラーベイビー」において、
朗読されていました。

いずれも印象に残ったため、
さっそく詩集を購入して読んだのがイエイツとの出会いです。


この詩は、
に関して、
極めて完成度が高く、
非常に美しく配置されていると言われています。

ですので、
朗読にもぴったりです。


内容的には、
自然に思いをはせているところが、
私を魅了しました。

人は自然のなかにいるときに、
いちばん穏やかに暮らせるのだろうな、
と改めて思う次第です。


香水「イニスフリー」



そして、この詩にちなんで、
「イニスフリー」という香水があるそうです。


イニスフリー香水


アイルランド製で、フローラル系らしいです。
どんな匂いか、かいでみたい!





金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング


金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

the best LOVE SONG




Port of Notes

(You Are) More Than Paradise



日本で最も美しいラブソング

だと個人的に思っています。

あまり知られていなかったりもしますが、
名曲中の名曲です。


南国の楽器の感じとボサノバベースのため、
いまくらいの季節になると、よく聴いています。



(You Are) More Than Paradise の歌詞



I heard it at midnight
It's a song that I used to love and dream
Don't go away

Don't leave me alone, tender lullaby
I can feel my heart's beat
The sky above me turns into a sand hill
And a river passes through me
Life goes on like a passing car's head lights

I saw a dream of a southern paradise
Over the mountains and in the sunshine
Red flower sunset wrapped around me
I felt so free
But there was no one to hold my hand
I was alone

And after I woke up
Still that dream expands with my body
I was thinking so long
On this land, is there something
more than love for me?

I know that you are more than paradise
When your arms are around me
I realize everything is beautiful, just like a storm
Though i take a plane to go somewhere far away
But i can't fly away my heart

I saw a dream of a southern paradise
Over the mountains and in the sunshine
Red flower sunset wrapped around me
I felt so free
But i know that you are more than paradise
When your arms are around me
I realize everything is beautiful, just like a storm



(You Are) More Than Paradise の歌詞の概要



ある真夜中に夢を見た。
それはパラダイスの夢だった。

丘を越え河をわたり、花々に囲まれ太陽の光を浴びて、
とても自由に感じた。

だけど目覚めると考えた。
そのパラダイスにはあなたがいなくて孤独だったこと。

この地上で愛を超えるものはない。
you are more than paradise

あなたの腕に抱かれたとき、
まわりの世界の美しさに気づかされる。

飛行機に乗ればどこへでも行けるけれど、
あなたを愛する心を置いてゆくことはできない。



最も美しいラブソングである理由



歌詞の内容が簡単で分かりやすいことが挙げられます。

「あなたの側がいちばん幸せだ(you are more than paradise)」
ということだけが主張されていて、とても分かりやすい。

あとは、
メロディの美しさと畠山氏の暖かい声が決め手です。


これはほんとに、20年近く聴き続けています。

Port of Notes のベストアルバム
Blue Arpeggio~Own Best Selection~
も保有していますが、こちらも秀逸です。



Port of Notes の歌、
石川県のようなところでは、
ライブなどで聴ける機会はなさそうです。

でもたまに、
服屋さんやカフェで流れていることがあります。
「オーナー、センスいいじゃん[shine]」
と、心の中でつぶやきます。





金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

『海を飛ぶ夢』詩の朗読




『海を飛ぶ夢』

実在の人物ラモン・サンペドロの手記
「レターズ・フロム・ヘル」を元に、
『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督が
映画化した作品。
全身麻痺の障害を負った主人公に、
『夜になるまえに』のハビエル・バルデムが
特殊メイクでリアルに演じる。
ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞に輝いた
壮大な心の旅路を描いた真実のドラマ。

出典
https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E6%B5%B7%E3%82%92%E9%A3%9B%E3%81%B6%E5%A4%A2/321732/story/



大好きな映画のうちの1つです。

この作品は(原作本も含めて)翻訳がすばらしい。
そして、詩の朗読もすばらしい。

テーマが「尊厳死」のため、レビューは控えますが、
美しい詩をひとつ掲載します。



裡なる海へ、裡なる海へ、無重力の奥底へ、

夢が眠る場所で、

2つの魂は、1つの願いを叶える。

2人の眼差しが、静かに幾重にも重なる。

深く、もっと奥深く。

肉体を超えて遥か彼方へ。

でも私は目覚め、ひたすら死を願い、

私の唇は永遠にあなたの髪を彷徨う。






金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

Trados 返却パッケージが開かないときの対処法

これは経験する人が多いと思います。

特に、フリーランスの人は、
返却パッケージを作ることがあっても開くことはない。

返却パッケージを開く状況と言えば、
レビュー時に訳者から直接ファイルを受け取ったとき?
くらいでしょうか。


それで、
どうやったら返却パッケージを開くことができるのか、
いろいろと調べるわけです。

まず、
「trados 返却パッケージ開かない」というキーワードで、
Google検索してみる。

検索候補にも、すぐにあがってくるので、
同じことを調べる人も多いと思われます。

そうすると、

パッケージを開く方法
http://producthelp.sdl.com/SDL%20Trados%20Studio/client_ja/Projects_View/Packages/P_Open_a_Project_Package.htm

に到達します。
SDL 公式です。

こちらの7番に「返却パッケージを開く方法」が記載されています。

しかしながら、
上記説明のとおりに操作しても開かない!


ちなみに、
Trados 上のエラーメッセージとして、

返却パッケージをインポートすることができません。
設定に存在しないプロジェクトが含まれています。
(Name='{0}', ID='{1})

と表示されています。



そして、
ほかにも方法を検索してみるのですが、
まったく掲載されていない。


そこで、こんどは、

「can't open return package」で検索してみると、



出ましたよ!


Can't open return package in Trados Studio 2011 SP2

https://www.proz.com/forum/sdl_trados_support/231127-cant_open_return_package_in_trados_studio_2011_sp2.html


ここに同じ悩みを投稿した人がいて、
それにいくつか回答が投稿されています。

その中から試してみて、うまくいった方法がこれ!

For the sake of speed, I would advise the following:

1) Change the file extension on the return package from "sdlrpx" to "zip", and then double click it.
2) Go into the target language folder, and extract the sdlxliff file(s)
3) Go into the target language folder of your original project, and substitute the new sdlxliff file(s) from the package for the one(s) that are in there.

When you open your project in Studio again, you will see no difference, but when you double click to open the file(s) in the editor, they will be the completed translations.


拡張子を変更するという方法です。

わたしが試した場合の話ですが、
上記のとおり、

拡張子を「sdlrpx」から「zip」に変更し、
「zip」ファイルを解凍すると、
作業用「sdlxliff」と、
その他ともにパッケージされたファイルが見えます。

そして、
「sdlxliff」を Trados に展開します。

そうすると、無事、
返却パッケージを開くことができました!


しかし、この方法でいくと、
最終的にこんどは、作業後に、
返却パッケージを作成できない!
という事態に遭遇してしまいました。

こちらの原因としては、
さきほどの SDL ジャパン公式に記載されている、

注:プロジェクト パッケージで元々受け取ったのではないファイルを選択した場合、[返却パッケージの作成]オプションを選択できません (淡色表示)。

がひとつかもしれないのですが。


torados


SDL Trados Studio

使い勝手が悪いとうか難解で、
人々を遠ざけているイメージがありますが、

長く使っていれば、そこそこ使えるようになるのですが、

困ったときがいちばん困る!

なぜなら、
問題の対処法がネット上にほとんど載っていないから。
調べても調べても分からないのです。

すんなり開けるときもあるので、
開けないときは、相応の原因があると思われますが、
どこからアプローチすればよいのか、
まったく分からない状態になります。

いったん Trados と闘いだすと、冬場でも汗をかきます。
気づいたら、何時間も過ぎてしまっています。
ユーザはみんな同じように思っているに違いありません。


一方で、
海外大手翻訳会社は Trados にものすごく詳しい。

あれくらいのレベルまで到達するには、
どれだけの学習と経験を積まないといけないのだろうかと、
ただただ尊敬します。


まもなく 2019 がリリースされるようですが、
いくらか使いやすくなっているのでしょうか。






金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

慣用句の英日対応表

今日ちょっと便利な物を見つけたので、そのご紹介です[notes]

その名も、、、


慣用句 (かんようく) Idiomatic Expressions

http://buna.yorku.ca/japanese/idiom_all.html


こちらの表は、英語ネイティブ目線で作成されたぽいところが、
いいとおもいました。


そもそも、この表に行き着く前に、
ある調べ物をしていました。

*** companies have grown fat on siphoning off the profits of providers, raking in billions of dollars each year.

こちらの英文の翻訳をしていて、
おおまかに言いたいことは想像がついたのですが、
なんかうまい訳がないかなと、思って調べていました。

結局、上記において、

siphoning off の部分が慣用句になり、
意味は、うまい汁を吸う です。


そして、お気づきでしょうか?

「siphon」は「サイフォン」コーヒーのサイフォンです。


英辞郎によると、

1. 〔サイフォンで〕~を吸い上げる[吸い出す]
・I siphoned the hot water into the washing machine. : サイフォンでお湯を洗濯機に吸い上げた。

2. 〔資金などを〕抜き取る、吸い取る
・Millions of dollars were siphoned from mutual fund investors. : 何百万ドルもの金が投資信託の投資家から吸い上げられた。

出典
https://eowf.alc.co.jp/search?q=siphon



慣用句一覧表からの抜粋



そして、こちらの表ですが、
慣用句の一例として、

雨降って地固まる After a storm comes a calm.

同じ釜の飯を食う work at the same place

我田引水 self-seeking

効果覿面 have an immediate effect

などが掲載されています。


さらに、
日本人から見ると慣用句ではないがなんとなく気持ちは分かるもの、
つまり、英語だと Idiomatic Expressions に分類されるもの
も含まれており、
なんとなく眺めているだけでも、けっこうおもしろい!


たとえば、

閻魔帳 teacher’s grade book

大御所 leading figure

げっぷが出る burp

有刺鉄線 barbed wire

湾岸戦争 the Gulf War (1991)


「げっぷが出る」は、
慣用句ではなくて動詞と思ってしまいますが、
「出る」というワードが入っているせいで、
イディオム ぽいんでしょうね。


そして、
「湾岸戦争」は、
慣用句・ことわざ・四字熟語からは最も遠い、、、
(政治的見解の意図なし)


こんな感じで、
なにかといろいろと網羅されていて、
こんな慣用句もあったのだと、
日本語の段階で改めて発見することも多く、
表現の引き出しを増やすには、すばらしい参照です[shine]


慣用句



寒い石川県



ここ数日、石川県は気温の低い日が続いていましたね

我が家でもファンヒーターは片づけてしまいましたが、
毛布はまだ片づけられません!

みなさまがたにおかれましても、
風邪など召しませんようご自愛くださいませ[note]





金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top