台湾茶(工夫式)@旺徳福(ワンダーフー)

上海に住んでいた頃、よくお茶市場へ行って、
帰国用のお土産や自宅用のお茶を買っていました。

自宅で飲むときは、ほとんど適当に淹れるのですが、
市場で試飲させてもらうときなどは、
本格的な淹れ方で飲ませてもらえて、
作業を見ているのもとても楽しかった思い出があります。


数年前に、ご近所である
石川県白山市中町商店街に台湾茶専門店ができました。

旺徳福(ワンダーフー)というお店です。
https://chuugokucha.com/


台湾茶について


そして店の前を通っているうちに、
台湾茶について興味がわきは始めました。

それまでは台湾茶についてほとんど知らなかったのですが、
台湾も本土に負けない茶葉の産地であることを知りました。

なかでも 台湾は高級烏龍茶が有名 だそう。

ご参考
https://www.skygate.co.jp/tour/taiwan/tea.html


さらに台湾には、上記のサイトにもあるように、
本土でのお茶の淹れ方とはまた異なる淹れ方が
存在することも知りました。

工夫式 という方法です。


台湾茶の淹れ方 工夫式





立派な茶器や茶道具がたくさん登場するので、
見ているだけでも楽しいですね。


旺徳福(ワンダーフー)に行ってみた


そして当然のことながら、
旺徳福にも行ってみたいと強く思うようになって、
ある日、ようやく行く機会に恵まれました。

店に入ってみたら、
茶葉や茶器がたくさん並んでいました。
感動的です!


イートインが可能 なので、
以下のお茶をオーダーしてみました。

東方美人

東方美人
紅茶のような甘い香りの烏龍茶

前方から見たカップです。
左にあるのが茶こしです。
これに茶葉を入れて、カップに嵌めてお茶を出します。


キーマン

祁門(キーマン)紅茶
世界 3 大紅茶のうちの 1 つです。
ストレートで飲むこと必須の風味です。

これは背面から見たカップ。
茶葉の様子は右側です。


説明

オーダーしたお茶の説明書きも提供してくれます。
とても勉強になります。


香り

香りを試すこともできます。


旺徳福(ワンダーフー)で工夫式を楽しむ


今回はカップでお茶を楽しんだのですが、
もちろん工夫式で淹れてもらうことも可能です。

カップだと 500 円、工夫だと 600 円です。

私たちはその日はおとなしくお茶を飲んでいたのですが、
こちらの店主が、やはり相当詳しそうな方で、
お茶について質問するとなんでも答えてくれそうな方でした。

お店のウエブを拝見してもネット販売をされていることも窺えます。

お茶も、カップ 1 杯を注文しても、
3 杯くらいは出るので、
お茶の話を聞きながら長居するのもいいですね。


旺徳福(ワンダーフー)の甘味


旺徳福にはありがたいことに、
お茶のお共にケーキが何種類か用意されています。

チョコケーキ
チョコレートケーキ

チーズケーキ
チーズケーキ

これら、ケーキセットで注文しても 600 円というお手頃価格!
良心的です。


店内の茶器をひとつずつ眺めているのも、
とても楽しかったです。


高山烏龍茶に挑戦!


そして先日、旺徳福(ワンダーフー)のお土産に、
高山烏龍茶をいただきました。

高山

色はうっすら緑色です。
そして香りが感動的にすばらしい。

いつも説明するのが難しいのですが、
台湾の高級烏龍茶の香りは、
なんいうか特有の上品さがあります。


日本にないので説明が難しい~


この高山烏龍茶は、
かなり乱暴な淹れ方で飲んでしまったのですが、
いつか茶器が揃ったあかつきには、
礼儀正しく優雅に飲んでみたいものです。




金沢の翻訳サービス株式会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「株式会社IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス株式会社IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

Comments

Comment Form

Trackbacks

to top