上位概念と下位概念

『上位概念』と『下位概念』ということば、聞いたことがありますか?

特許業界でよく耳にすることばです。
プログラミングにおける言語処理分野でも使われています。


上位概念と下位概念とは・・・

ある言葉が別の言葉の上位概念(じょういがいねん)であるとは、
ある言葉が、別の言葉を含む、より一般的、より総称的、より抽象的なものを指すときにいう。
また、このとき、別の言葉はある言葉の下位概念(かいがいねん)であるといい、
別の言葉はある言葉の指すもののうち、より特定の、より個別の、より具体的な一部のものを指す。

出典 - Wikipedia


たとえば
「生物」「植物」「果物」「りんご」という概念があったとすると、

「りんご」の上位概念は「果物」であり、
「果物」の上位概念は「植物」であり、
「植物」の上位概念は「生物」です。

下位概念は、その逆をたどって考えます。



broader concept subordinate concept


上位概念を意識して考えること



わたしは、上位概念と下位概念ということばは、
特許調査業務を担当したことをきっかけに、はじめて知りました。
それ以来、普段の生活でも上位概念について意識するようになりました。

また、どんな場面で上位概念の考え方が利用されているのか?
ということについても、同時に考えるようになりました。

そこで気づいたことが・・・

訴訟を行っているときに、弁護士や裁判官が話している場面
◆人がプレゼンを行っている場面

この場面での話し手は、
上位概念を意識しながら話していると感じたのです。


ものごとの上位に立って考える=視野を広げる



誰かに何かを説明したいとき、
いきなり具体例(下位概念)を持ち出して、ピンポイントで話し始めても、
聞き手は、なんのことを言っているのか理解できません。

まずは、どんなことを話そうとしているのか、から切り出し、
次第に具体的内容を詰めていくように話すと、説得力が増します。

論文を書くときやプレゼンをするとき、
まずいちばん最初に行うことが“アウトライン”を決めることでありますが、
これがつまり、
上位概念で内容を構成していくということなんだと思います。


なにか問題を解決しなければならないときでも、
個々のレベル(下位概念)で争っていたのでは、
解決のプロセスが分散してしまったりします。

しかし、ものごとの上位概念を捉えることができれば、
より広い視野で、多観点から考えることができるようになります

いったいなにを解決しなければならないのか?など、
問題の本質を即座に捉えることができ、より迅速な解決につながります


上位概念のテクニックを活用する



上位概念の考え方ができるようになると、
スマートな考え方ができるようになります

自身のスキルアップにもなりますし、活躍の幅も広がります。
結果、かしこくなれます!

コンサル業などにも必須のテクニックだと思っています。


上位概念のテクニックは、習得するには少し訓練が必要ですが、
身につけて損はないテクニックですので、
より多くの人びとに興味を持っていただけたらな、と思っています[notes]

なんといっても、かしこくなれます(しつこい!)


金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top