知的財産翻訳検定(中文和訳)合格

賞状



わたくしごとで恐縮ですが、このたび、

2019年10月20日実施『第 29 回知的財産翻訳検定(中文和訳)』

に合格いたしました。


特許翻訳は毎日しているということもあり、
今回は試験勉強はまったくしていません。

どんな準備で挑んだかということは言えないのですが、
どんな試験だったかということについて、
せっかくの機会なので、まとめてみたいと思います。


知的財産翻訳検定の概要


https://www.nipta.org/Exam_J.html

詳細については上記ウェブをご覧ください。

おおまかに言うと、
知的財産翻訳検定 とは特許翻訳能力を問う試験で、
主に英日と日英に対応しており、
これらの言語については受検時に、

・等級(1~3 級)、
・言語の方向(英日または日英)
・分野(知財法務実務、電気・電子工学、機械工学、化学、バイオテクノロジー)


を選択することができます。


加えて、中日と独日の科目も 2 年前から設けられました。
今回わたしが受験したのが中日の試験です。

年に 2 回実施されますが、各回で言語が異なる(春は日英、秋は英日)ので、
併願しない限り、実質的には年 1 回です。

オンライン受検形式です。
試験開始時間になると問題文がメールで送付され、
自宅の端末で回答を作成して返送します。

中日の試験時間は 3 時間です。

過去問と標準回答 も上記ウエブで公開されています。


『第29回知的財産翻訳検定(中文和訳)』試験問題


出題問題は、第 29 回は下記の 3 題でした。

① CN109121264A「交替感应照明系统」(請求項から355文字)
② CN109026278A「油气分离器座」(背景技術から237文字)
③ CN102586765B「一种fpc化学镀镍沉金的方法」(発明を実施するための形態から224文字)


受検してみての一言感想としては、まず、
時間が足りない!ということ。

翻訳よりも技術調査に時間を要する。

これは通常の実務でも、もちろん当てはまるのですが、
試験の場合、テーマが 3 つあるので、
3 つの異なる技術についてリサーチしなければならない。

これがたいへんでした。ぎりぎりだった。
結局「もう少し見直しをしたかったな」という、
自分的には不完全な状態で回答を提出しました。


『第29回知的財産翻訳検定(中文和訳)』受験のコツ


で、どうするのがいいかと言うと、、、

★ 1 題 60 分という枠を死守する。

このへんは TOEIC の試験とかと同じです。

★ つまずいても長時間立ち止まらずに、ほどほどにして次に進む。

どうしても分からない箇所は見直し時間に調べるとして、
とりあえず置いておいて翻訳を進めていきます。

★ とりあえず全部埋める。

問題は完全記述式で、
採点は全て人間が行う減点方式です。
真っ白で提出するのはいちばんの損。

★ 見直す部分に優先順位を付ける。

実務では特許翻訳の場合、
わたしは見直しを 2 回(請求項は 3 回)行うのですが、
この 2 回が確保できるかどうかも微妙でした。
ですので、最低限見直しておきたい場所を先に決めて、
そこから見直しをしていきました。


「とりあえず」を繰り返しているところから、
切羽詰まった状況になることはお察しいただけると思います笑


『第29回知的財産翻訳検定(中文和訳)』合格発表と採点結果


合格発表は、試験から 2 か月後に協会の HP で行われます。

合格者は以下のように、
氏名など(個人情報は各人の裁量で)が掲載されます。

https://www.nipta.org/ExamResult_29-2_J.html



そのほかに、
合格証書と採点結果(コメント)が紙で送付されます。

コメントは 2 名の採点者からいただけるので、
とても親切だと思いました。

マニアックな試験ならではですね。


『第29回知的財産翻訳検定(中文和訳)』合格のためにできること


これはわたしは行わなかったのですが、
過去問はひととおり目を通しておいた方がいいと思います。

設問数と時間配分を計画しておくことは必須ですし、
技術的レベルも確認しておいたほうがいいので。


あとはやっぱり、
どんなテーマが出題されるのか分からないとうこともあり、
得手不得手はあるかとは思いますが、
内容を問わず柔軟に対応できるようにしておくといいと思います。

このへんは、通常の実務と同じですよね。
どんなテーマの特許の仕事が来るかは分からない。
よっぽど自分の畑と違わない限り引き受けると思うので。



知的財産翻訳検定(中文和訳)受検から合格まで、
このような感じです。


試験中は上記のとおり焦っていましたけど、
冷静に粘り強く取り組んでよかったなと思います。

今後受検を予定しているみなさんも、ぜひがんばってください[shine]
この情報を有意義にお役立ていただけますと幸いです。






金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/




comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top