高校英語参考書の強い味方『桐原書店』

先日、高校英語の参考書を買いに
北国書林 松任店 へ行ってきました。


わたしにとって参考書というのは、

本屋さんの参考書売り場に長時間立ち、
一冊ずつ開きながら自分に合ったものを探す、
といった感じで選ぶものであります。

そしてこれは、原始的かもしれないけれど、
実はいちばんしっくりきて、
購入した本に対して後悔を感じないで済む方法です。


だって、やっぱりなかみを確認したいですもの。

最近では Amazon でも、
内容まで部分的に閲覧可能な本が掲載されていますが、
あなんじゃ、ぜんぜん分からない。ぜんぜん足りない。


Next Stage 英文法・語法問題



で、最終的に購入したのがこれ。


ネクステージ


Next Stage 英文法・語法問題[4th Edition]
入試英語頻出ポイント 218の征服
瓜生 豊・篠田重晃 編著
本体 1,330円 + 税


ちなみに、これを選んだ理由ですが、

先に問題ページがあって、つぎに解答と解説ページがあるという、
個人的には好みの構成になっているところ。


ネクステージなかみ


さらに、
本屋さんの売り場で売上第1位を獲得していたところ。
桐原書店が発行しているところ。



高校英語における桐原ブランド



購入時に感じたことですが、
やっぱり桐原は依然として強いですね!

わたし自身の高校の英語教師が、
「参考書はとにかく桐原を買え!」と豪語しておりましたが、
その言葉、20年経った今でも十分に通じると思います。

自分自身が過去に使っていた参考書や、
生徒さん用に準備した参考書も、
桐原製が圧倒的に多い。

見やすい構成になっているのが、大きな理由だと思います。


英検対策なら旺文社



でも、
英検対策に限っては、旺文社製を愛用しているんですけどね。


英検テキスト



いずれにしても、
良く作られている参考書を、
用途や、自分に合う合わないに応じて、
うまく使い分けるのがいちばんいいと思います。


北国書林 松任店
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SF/GroupHome?groupCode=0293&TohanShotenHome




金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

40代の美肌対策 with ルバンシュ

普段お会いする方々に
「幸奈さんはとても若く見えるよね~」
と、ありがたいことに、よく言っていただけます。

そこで今日は、わたしが普段行っている美容対策を
ご紹介したいと思います。

ごくありふれた一般的なことなので、
対策と呼べるのかは疑問ですが。。。


わたしの美容に対する考え



わたしは基本的に、美容にはあまり関心がある方ではありません。
関心がないというか、美容にはあまりお金をかけないという主義です。

ですので、
エステも行ったことありませんし、
ネイル屋も行ったことがありません。

髪の毛も年に2回しかカットしないので、
美容院へも最低限の頻度でしか行きません。


ホームケアに関しても、同様の考えであり、
必要最低限のことしかしていません。


自然派化粧品の利用



そんなわたしですが、とっても敏感肌であります。

産後特に、敏感になってしまったようで、
化粧品とシャンプー類は、
15年間、無添加のものを使い続けています。


ルバンシュの化粧品のすすめ



そんななか、8年前くらいから愛用しているのが、

『ルバンシュ』の化粧品


これはもともと、以前にお世話になっていた
漢方薬局 『福の樹薬局』 で販売されいたのをきっかけに、
使い始めました。

最近は、アミング 松任店 でも販売されるようになりましたね。


ルバンシュの化粧品は、とても機能が高いです。

これを使い始めてから、肌のトラブルはまったくありません。
敏感肌のわたしですら、刺激を感じたりしたことがありません。


さらにいいことは、価格が低廉であるとうこと

そして、さらにいいことが、
地元石川県能美市で開発されて製造されているということ

まさに地産地消ですね!


ルバンシュの愛用品の数々



購入当初からずっと継続して使っているのが、

・スキンローション(化粧水)
・ラトゥー(総合美容液)
・モイスチャークリーム(保湿クリーム)
・モイストUVクリーム(化粧下地)
・クリームファンデーション(リキッドファンデーション)
・ルースパウダー(お粉)


既に持っているルバンシュ


そして、最近追加で投入したのが、

・リフトアップゲル(リフトアップ集中ゲル)
・モイスチャークリーム バージョンアップ版


新たに投入したルバンシュ


若く見えるコツ



上記のルバンシュ商品たち、
並べてみると、たくさんに見えますが、
逆に言えば、ホームケアとして、
わたしはこれだけを使ったケアしかしていないということ

マスクを使ったお手入れとか、
時間や手間がかかるものは、一切やっていません。

ちなみに、上記商品に含まれていない洗顔料ですが、
ねば塾 白雪の詩 を愛用しています。


ねば塾せっけん


アオキ へ行けば、2個入りで270円で売っています。

メイク落としも、この石鹸で洗います。
化粧は濃くないほうなので、十分に落とせます。



手の込んだことをしないというのは、
単に、面倒くさいとか時間がないというのが理由ですが、
また別の狙いもありまして。

肌には過度に栄養を与えずに、
肌みずからの細胞の力を最大限に引き出したいという、
つまり、
自己アンチエイジング能力を培いたいという目的があります

この、最低限の栄養しか与えない、肌を甘やかさないということが、
美肌を保つための一つではないかと、個人的には考えています。


と言うと、えらそうに聞こえますが、

ずぼらなわたしが最低限のことだけをやっていた結果、
美肌には効果的だったという、それだけのことですね!




ルバンシュ
http://www.revanche.co.jp/

副の樹薬局
http://www.fukunoki.net/




金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

白子めぐり①『八兆屋 野々市店』

先週から息子に
「白子酢が食べたい白子酢が食べたい」
と言われ続けていて、
いろんな人にアンケートしたところ、

田舎小屋(野々市)を薦められました。


しかし、その日は日曜日で田舎小屋が定休日だったこともあり、

八兆屋 野々市店 に行くことにしました。

金沢駅前店は、飲み会などで何回か利用したことがありますが、
野々市店ははじめてです。


さらにしかし、残念なことに、
メニューに生の白子がありませんでした!


そこで代わりに、なまこ酢 を注文。

彼はもともと、サザエやバイ貝が好きなので、
白子の代わりと言えども、なまこのこりこり感には満足した様子でした。

なまこ酢


ほかには、

牡蠣チーズ焼き豚肉とホットサラダ


牡蠣チーズ焼きとホットサラダ


玉ねぎのオーブン焼き

これは私の好みです。


まるごと玉ねぎ焼き


甲箱ガニの釜めし

息子は甲箱ガニも大好きです。
わたしはむしるのが面倒くさくて、あまり好きではない。

でも過去に上海で、
「上海ガニ早むしり大会」みたいなものに参加したこともあります。

上海ガニというのも、ミソはおいしいけど体が小さいというもので、
その身をいかに早く取り出せるかを競って、
爪楊枝を何本も折りながら、上位に入ったこともあるのですが、
やはり小さい蟹は、甲箱と言えども面倒くさいですね。

ミソだけ食べて足は捨てればいいと、乱暴なことを考えてしまいます。


甲箱カニ釜めし



各料理の名前は、今どきの居酒屋の、
もっと凝ったような長い名前でしたが、
ぜんぶうろ覚えのため、実際には名前が違っているかも!
ごめんなさい!


さいごにデザートです。

白玉と抹茶アイス

デザート


ぜんぶおいしかったですよ!
個人的には質素な玉ねぎ焼きがよかったですけど!




八兆屋 野々市店
http://www.hacchouya.com/



金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

英会話における『後に説明を付け足す法則』

英語と日本語の大きな違いのうちの1つとして、

英語は後ろから修飾する
日本語は前から修飾する

といったことがあげられます。


たとえば、

I like the car made in Japan.
(私は日本で作られた車が好きだ)

That is the place where I lived ten years ago.
(あれは、私が10年前に住んでいた場所です)



英文の構造とそれに従った会話方法



英語は構造的には、主要部分が先に来て説明部分が後に来ます。


日本人が英語を話そうとするときに、
ついついやってしまいがちなことが、

言いたいことを全部含めた完全な文章を、
最初から最後まで組み立ててしまってから、
口に出すということ。


しかし、多くのネイティブの人は、
完全な文章を組み立ててしまう前から話し始めます。

英文では、
主要部分+説明部分という形を取るわけですから、
説明部分の内容が決まっていなくても、主要部分から話すことができます


主要部分を話しながら説明部分を考えている人も多いです。
ネイティブの人がインタビューを受けている姿を観察してみても、
よく分かります。


そして、日本人の多くにありがちだと述べた、
話す前に完全な文章を考えてしまう、ということは、

「とにかく口に出す」「どんどん話す」といった、
英会話練習のキーの障壁になってしまいます。


あれこれ考えているよりは、
とにかく主要部分だけでも言うことができれば、
最低限のことは伝わります。

英作文の練習と同様に、
主要部分(骨格部分)が分かれば、ひとまずそれを口に出す
ということが大切です。


grmmer


英語で後ろから修飾する手法『後置修飾』



英文において後ろから修飾するための便利な手法の1つ目に、
『後置修飾』があります。

後置修飾は、名詞の後ろにくっついて、
その名刺を説明する役割を担っています。


後置修飾の基本形には以下の5つがあります。

①名詞+前置詞句
a book on the desk(その机の上の本)
②名詞+現在分詞(2語以上)
a girl playing the piano(歌を歌っている女の子)
③名詞+過去分詞(2語以上)
a doll made by Mary(メアリーによって作られた人形)
④名詞+不定詞の形容詞的用法
time to study English(英語を勉強するための時間)
⑤名詞+形容詞節
the company which made this(これを作った会社)


これらは短めの文章で使用するとき、
あるいは、名詞句を作成するとき、
関係代名詞を使わずに、よりシンプルな英文にしたいとき、
などに役立つ表現です。


英語で後ろから修飾する手法『関係副詞』『接続詞』



英文において後ろから修飾するための便利な手法の2つ目に、
『関係副詞』『接続詞』があります。

たくさんの例がありますが、一部を抜粋して説明すると・・・

① 関係副詞 where, when, why, how など

That is the place where I lived ten years ago.
(あれは、私が10年前に住んでいた場所です。)
I remember the day when I met him for the first time.
(私は、彼に初めて会った日のことを覚えています。)
This is the reason why I was late.
(これは、私が遅れた理由です。)
This is the way how I learned English.
(これは、私が英語を学んだ方法です。)

② 接続詞 before, while, such as, although など

You should prepare for the next meeting before you leave.
(出かける前に、次のミーティングの準備をすべきでしょう)
Someone stole my wallet while I was away.
(私のいない間に、誰かが私のお財布を盗みました)
I need a bag such as a doctor carries.
(医者の持っているようなかばんがいる)
He decided to go out although it was very late.
(とても遅かったけれど、彼は出かけることにした。)



先にも述べたとおり、
前から修飾する日本語とは発想が逆なので、
とっつきにくいかもしれませんが、

慣れてしまえば、
後置修飾・関係副詞・接続詞の手法は強い味方になります

よりネイティブらしい会話や、より円滑な会話が可能になります。

なるべくたくさんの表現を身に付けて、
英会話の練習に、ぜひ取り入れてみてください[notes]




金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

簡体字と常用漢字

現在、中国大陸で使われている文字は簡体字です。

簡体字とは、もともと使われていた繁体字に基づいて、
簡略化や造字を行ったものです。

日本の常用漢字も繁体字がベースとなっています。


簡略化されたとは言え、
同じ漢字どうし、簡体字と常用漢字は、
形が似ていたり意味が似ているものもあり、

お互いにことばが分からない中国人と日本人が会話するとき、
筆談すれば、なんとか意思疎通できることもあります。


反対に、簡体字を作った結果、
日本の常用漢字との間で矛盾が生じてしまったものもあります。



たとえば・・・

「机」は日本では「つくえ」で、中国では「機」の簡体字です。
「云」は日本では「いう」で、中国では「雲」の簡体字です。
「叶」は日本では「かなう」で、中国では「葉」の簡体字です。


わたしが中国語学習を始めた当初、すごく戸惑ったのが「机(機)」です。

何回も間違えました。。。



簡略化し過ぎた簡体字とそれほどでもない常用漢字



簡略化具合が極端で、おもしろいものもあります。

「几(幾)」「广(広)」「气(気)」など、
もやは漢字とは呼べないではないですか!


これらの簡体字は書く時に戸惑いました。
中が抜けていたり、一方に片寄ったりしているので、
バランスを取るのが難しかったです。


でもまあ、日本語の場合は字数制限のようなものがあるため、
漢字で表せないものは、ひらがなで表したりしたりと、
別の工夫手段がありますが。

そんななかで 繁体字を使い続けている台湾・香港・マカオ は、
また別の意味ですごいですね。


ちなみに韓国は、独自の文字「ハングル文字」を作り出しました。

ひらがなのようなものです。
そしてハングル文字のみを使っています。

それに伴い、漢字は使われなくなっていますが、
1割くらいの韓国人は漢字が読めるそうです。



白山市役所での黄色と青色のコントラスト



白山市役所の紅葉


先週行った 白山市役所の玄関先の「叶(葉)」です。


バックが画処理したみたいに青いですね!
この日はほんとに、こんなにも何もない青空でした。




金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top