年末のごあいさつ

除夜の鐘


本年残すところあとわずかかとなりました。
みなさまには格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
来る年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

どうぞよいお年をお迎えください。

オフィス イポメア 宮崎幸奈





もち


餅の山です






金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング





金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

リアル job interview

先日、たまたま英語での面接を受ける機会がありました。

いわゆるジョブインタビューは、かれこれ8年ぶりだったので、
一応、ひととおり事前準備を行いました。

英語による面接は、日本語による面接と同様、
十分に準備を行う必要があります。


英語での面接は、どんな感じなのか?何を聞かれるのか?

を紹介しているサイトや動画は多数存在しますね。

わたしも備忘録を兼ねつつ、
実際のジョブインタビューの様子をご紹介したいと思います。


面接


job interview での実際の質問



「英語の面接で聞かれることTOP~」として、
よく紹介されている質問のうち、ほんとに聞かれたこと5選!

古い記憶をほじくり返した、
8年前のインタビューでの内容も含みます。


"Tell me about yourself."
(あなたのことについて教えてください)

"Why are you looking for a new job?"
(なぜ新しい仕事を探していますか?)

"What was your biggest failure?"
(これまでの中で一番大きな失敗は何ですか?)

"What are your goals for the future?"
(将来の目標は何ですか?)

"What do you know about our company?"
(当社について知っていることを教えてください)


これらが実際に聞かれた質問です。

ちなみに、わたしが準備段階で使用したサイトはこれ!

Top 50 Job Interview Questions
https://www.thebalance.com/top-job-interview-questions-2061228



英語での面接に大切なこと



上記の質問に対する答えは、人や業界によって違うと思いますし、
もちろん実際の場面では、それ以外の質問も聞かれるので、
事前にいくつかの回答を準備しておくのがよいです。


そしてそれよりも、さらに大切なことが、、、

①笑顔!
②自信たっぶりで自己アピールに励むこと!

このふたつに尽きます。
日本人が好きな生真面目風や謙遜風は、ここではマイナス要素です。


自信たっぷりの具体例(動画付き)



ナイトクローラー


最近『ナイトクローラー』という映画がありましたけど、
この映画でジェイク・ギレンホールが、自己アピールをしている様子が凄まじい!

参考になるはずなので、動画と共に載せてみたいと思います。

『ナイトクローラー』予告
https://www.youtube.com/watch?v=Rdsdz2HQxro


予告の中で、彼の言っていることをちょっと拾ってみました。


"In fact, I've made up my mind to find a career that I can learn and grow into."
(実際に、学び、そして成長することができるキャリアを見つけると決めました)

"Who am I? I'm a hard worker."
(僕が誰かって?働き者です)

"I set high goals and I've been told that I'm persistent."
(僕は意識が高く、忍耐強いと言われます)

"I'm a very very quick learner you will be seeing me again."
(僕はとても飲み込みが早いです。必ず期待に応えます)

"And I'm thinking, the television news might just be something I love as well as something I happen to be good at."
(僕はテレビのニュースが大好きで、そして偶然にもそれが僕の得意分野であることです)


パワフルですね。
さいごの文章、特にパワフルです。

勢いあまって、こんな顔に!


ジェイクギレンホール



日本人の感覚からは、少しかけ離れた部分もあると思いますが、
ここはとりあえず、最大限にテンションを上げて、
自意識過剰気味になりきるのがいいと思います。

そして笑顔も忘れずに[shine]




金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

Merry Christmas, Mr. Lawrence

クリスマス当日ですね!

わたしはそんなもの関係なく仕事ですが、学校は冬休みに入り、
息子は winter break を満喫しようとしています。

土日は塾の冬季講習へ行っていたので、
今日からいよいよ本番のようです。



さて、わたしにとってクリスマスと言えば、
すぐ思い浮かぶものが、これだ!


戦場のメリークリスマス


『戦場のメリークリスマス』予告
https://www.youtube.com/watch?v=w3FpOcjrUcM


映画自体は若い頃になんとなく観たのですが、
大人になったいま、改めてじっくり観たい作品です。



『戦場のメリークリスマス』ラストシーン



これはほんとに「美しい」の一言に尽きます。


Merry Christmas!
Merry Christmas, Mr. Lawrence!


ハラ軍曹(ビートたけし)が、
ロレンス英軍中佐(トム・コンティ)に向かって叫び、
徐々に 「戦場のメリークリスマス」の曲 が流れてきます。

ハラ軍曹はこのとき満面の笑みなのですが、
ここでのポイントは、翌日彼は死刑を迎えるということ。


語り出すときりがありませんが、
このラストシーンだけでも何十回観たか分かりません!

ちなみにこの映画の原題は「Merry Christmas, Mr. Lawrence」です。

このタイトルにすべてが集約されていると言いたいし、
ピンポイントでインパクトがあるタイトルですが、

やっぱり日本人は概要的なタイトルに訳すのが好きですね。



今年の宮崎家のクリスマス



我が家は毎年、特に大きいツリーやリースを飾ったりはしません。
その代わり、毎年違う小物を買って置いておきます。

今年はこれ!


クリスマスのかざり


かわいいね~[note]

こういうときは、またしても アミング松任店 ですよ。
売っている小物も毎年変わるので、うちにはちょうどいい。

イベントに応じて年に応じて、たくさんたまっていくので、
コレクションみたいになって、息子はこの置物たちを大切にしています。


みなさんも、どうか楽しいクリスマスをお過ごしください[heart04]




アミング
http://www.aming.ne.jp/




金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

『通勤講座』

とある資格試験対策のために、昨年購入しました。


通勤講座


「通勤講座」
https://manabiz.jp/



個人的に、視覚の受検テキストを選ぶ際に重要視することは、

「音声テキスト付き」であるということ。


まず、
音声テキストは可搬性が高いです。


わたしは音声データをウォークマンに記憶して視聴しています。

『通勤講座』のウエブサイトからは座学の動画をストリーミングできるので、
スマートフォンを利用してもよいです。


当然、ウォークマンやスマホは本のテキストより軽量ですし、
常にかばんの中に入れておいても邪魔になりません。

本のPDFをスマホで閲覧するという方法もありますが、
文字を読むには、どうしても画面が小さいので、
個人的には好きではありません。


音声テキストや動画テキストは、持ち運びに便利ということになると、
通勤時間やちょっとしたスキマ時間を利用して学習することができ、

まさしく、「いつでも、どこでも、学習しよう」という
『通勤講座』のうたい文句に合致します。


ここ石川県では、電車で通勤する機会が少なく、
仮にあったとしても、都会のように長時間電車に乗るわけではありません。

そうだとしても、通勤以外の状況で、たとえば病院の待合室など、
ちょっとしたタイミングで視聴することができます。


視覚と聴覚の違い



あと、これはものすごく個人的に感じることなのですが、

視覚より聴覚のほうが、
直接的で、より集中でき、記憶に残りやすいような気がするのです。


ちょっと調べてみたら、こんな研究も!

「視覚と聴覚はどう違うか」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/itej1954/31/11/31_11_853/_pdf


結局、その違いを科学的に述べることはできないそうなのですが、
自分の場合に当てはめると、、、

机に座って、えんぴつ片手にノートを開いて、
本のテキストを読むよりも、
ウォークマンを聞くほうが容易なのです。

音声を聞くときは、なんとなく受動的にできるのですが、
本を読むときは、「さあ、読むぞ!」と気合を入れなければいけない。

勝手な思い込みかもしれませんが、
少なくともわたしの場合はそんな感じです。


学習のエッセンス



すこし話が逸れますが、
学習にとって必要なことは「計画」と「体系化」です。


「勉強の計画を立てなさい」とか、
学校でもよく言われますが、そのとおり。

もっと言えば、
自分の立てた計画は必ず実行することが大切です。

その日にしようと思っていてもできなかったことは、
次の日になっても、絶対にできません。

なぜなら、次の日は次の日の計画があるからです。



そして、学習範囲全体を体系化することも重要です。

いま学習している箇所が、前に学習したどの箇所とつながっているのか?
それらは、どのようにつながっているのか?

個別のテーマを関連付けるようにするといいと思います。


『通勤講座』でも、この考え方を採用していて、
テキストにも「関連付けマップ」がよく登場します。

これも、このテキストを選んだポイントのひとつです。



と言っていても、実際に行うのは難しいんですけどね!

そもそもスキマ時間がない日などはどうするのだ?
とかも思いますが、

わたしの場合は、
忙しかった日でも、寝る前に1時間だけでも勉強しようとか、
いろいろ工夫しながらやっています[note]



金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

クリスマスディナー at 六角堂

すこし早いですが、クリスマス会をしに行ってきました。

今年は 六角堂(卯辰山) です。


六角堂のオージーステーキコース



★前菜

前菜


前菜は季節に応じてバリエーションが豊かなので、
そういった楽しみもありますね。


★肉

ステーキ


わたしは自力で六角堂へ行ったときは、
オージー肉しか注文したことがありません!

いつか和牛も注文できるような器にならなければいけませんね!


わたしはいつもよく焼いてもらうのですが、
息子はレアが好きで、
血が滴っているのを食べているからすごい。

それにしても、若者は肉が好きですね。
ほんとにそう思います。


肉の横のもやし。
これも美味ですよね。
ごま油の香りが良くて。
自分でこんなもやし炒めは作れません。


★デザート

デザート


オレンジのシャーベットです。


これらの料理のほかにも、
サラダ、ライス、漬物、みそ汁がついてきますよ。


片町きららのライトアップを見ながら



プリン


おみやげに買ったのですが、プリンを。
帰りの車で食べてしまっていました[sign03]


そして、街なかを通って帰ってきました。

アトリオとかきららとかのツリーのライトアップ を指さしながら、
どうかクリスマスを堪能してねと言って。

すてきな思い出になりますように[shine]



六角堂
http://www.asadaya.co.jp/rokkakudou/




金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top