文系と理系

理系に進学することの利点



「自分の子供は、とりあえず理系に進ませたい」

とおっしゃる親御さんは多いです。
その理由として、就職に有利だからということが挙げられます。


たしかに、高校の理系コースを卒業するだけで、
一生、食いはぐれることはないような印象を受けますね。

特に、工業系高校に関して言えば、
機械科、電気科、建築科、土木科、情報処理科など、
学科も細分化されており、
これはつまり、専門性を追求していることを意味します。

高校に通うだけで、
すでにある程度の専門性を身に付けることができ、
その方向性のままで大学へ進学すれば、
なんらかのスペシャリストになっている可能性が高い。

このようなからくりが、あるからだと思います。


ここ石川県は製造業の割合が高い ため、
理系出身であることは、なおさら有利に感じられると思います。


文系に進学することの利点



とあるときにこういう話を、とある人としました。

わたし自身、文系出身なので、
「理系の人はうらやましい」といった内容が話のきっかけでした。

その人は高専出身で、一級建築士の免許を持っていて、
建築関係の仕事をしている人です。


しかし、その人が言うには、

「自分の同級生で出世した人は、全員文系出身だ」と。


ここからはわたしの考察ですが、

出世できる=コミュニケーション能力が高い
コミュニケーション能力が高い人は文系出身に多い

こういうことだと思います。


さらにその人が言っていたことが、

たとえば、ト○タ自動車クラスの超スーパー大手などにおいては、

どんな技術を開発するか?よりも、
為替で1ドル動くと自社のセールスにどのような影響が出るのか?

ということを予測してマーケティングできる社員のほうが、
重宝されるとのこと。


なるほどたしかに納得です。

特に昨今のグローバル時代、
ますますこういった 経済・経営に長けた人材が必要でしょうね。

「だから、理系よりも文系に進んだほうがいいんだよ」
「子どもは文系に進ませなさい。できれば法学部、無理なら経済学部」
という結論でした。

おそらく、その人の、文系出身のほうが成功できる
という考えに基づいているとは思いますが。


文系と理系


目標を持つこと



ですが、親の希望や利得により、進路を決めるわけではなく、
子どもが自分の意志で決めることが大切ですよね。

興味のある分野じゃないと続かないですし、
自分の選択なら、その選択に最後まで責任を持つこともできる。

「自分で決めたことなんだから、簡単には諦めない」

と意識していることは大切です。


長いスパンでなくても、短いスパンでもかまいません。
自分の意志で目標を設定したら、
学ぶことに意味や意義を求めてほしいと思います。


わたくしごとで恐縮ですが、
わたしは学生時代、キャビンアテンダント になりたい一心で、
英語の勉強に励みました。

英語単科短大の強化集中クラスに所属して、
山のようなレポートやらスピーチやらで、
かなりしんどい思いもしました。
軍隊のようだと感じたこともあります。


その後いろいろあって、時代や環境の影響も受けながら、
いまは結局 翻訳業 に従事していますが、
目標の柱としては、さほどぶれていないと思っています。

最近は、さらに技能の幅を広げたくて、
以前のブログにも書いたように、資格試験の勉強もがんばっています。



英語で「文系」「理系」はなんて言う?



豆知識ですが、英語では以下の表現になります。


私は文系出身です。
⇒ I have a background in liberal arts/social sciences/humanities.

私は理系(化学など)出身です。
⇒ I have a background in science(s).

私は理系(エンジニアリング)出身です。
⇒ I have a technical background.


そもそも英語には「文系」「理系」という表現がないので、
上記のような「どの分野の専門か?」ということを説明することになります。

ご参考まで[heart04]



新しい職業



最近の子供たちに、将来の夢を聞いても、
「ユーチューバ―」という答えが返ってきますね。

しかし、楽そうに見えて、実は、
「ユーチューバ―」も立派なビジネスです。

でもそういうものでもいいので、
子どもたちには、なりたい人を見つけてほしいものです。






金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

英語の一部はアメリカ先住民言語に由来する

インディアンの授業

VOAニュースより
https://learningenglish.voanews.com/a/the-history-of-english-words-borrowed-from-the-americas/4173988.html



アメリカ先住民の数は現在では、
米国人口の2%となっているが、

英語のうちアメリカ先住民の言語に由来する単語 が、
動物、植物、食べ物の名前を中心に、
数多く残っているという記事です。


記事の中で例となっている単語が、

「コヨーテ」「チョコレート」「ハンモック」「バーベキュー」


個人的には「チョコレート」が意外でした。
フランス語の「ショコラ (Chocolat)」が先だと思っていたから。

部族自体も複数種類あることが意外でした。


さらにほかの単語もリストにした記事が、

Words With Native American Origins
https://www.merriam-webster.com/words-at-play/native-american-words

You've used more than you might think
と小見出しがついていますが、たしかにそのとおり。


英語の由来言語の割合



英語のうちアメリカ先住民言語に由来する単語を紹介しましたが、
英語全体における割合としてみると、以下のような構成になります。


英語語源の割合


出典 WikipediA
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_English_words_of_French_origin


なかでも、

ラテン語とギリシャ語は専門用語に多く用いられ、
フランス語とドイツ語は日常会話用語に多く用いられている、

と言われています。


英語の語源は、辞書にはいちいち書いてありますが、
これらをいちいち研究しようとすると、たいへんなことになります。

しかし!!!

「語源+派生語」のセットで学習することが、
英語学習に最も効果的であったりします。

実際にやってみると、納得のいく手法なので、
「語源+派生語」を意識しながら学習することはいいことだと思います。
英単語はいっぱつで覚えられますから。

具体的な方法については、また別の機会にご紹介します[shine]




金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

映画レビュー『誰のせいでもない』

誰のせいでもない


誰のせいでもない(予告)
https://www.youtube.com/watch?v=tY2GzNTUwgA


ヴィム・ヴェンダース監督 による7年ぶりの作品です。


とある事故をきっかけにトラウマを抱えてしまった、
小説家である トマス(ジェームズ・フランコ) の人生を柱として、

トマスの周りに登場する3人の女性

サラ(レイチェル・マクアダムス)
ケイト(シャルロット・ゲンズブール)
アン(マリ=ジョゼ・クローズ)

たちとの関わりを描きながら、
その後のトマスの人生を追ってゆく作品です。


トマスはこの3人の女性と、
いろんな場面で、いろんな時間の過ごし方をするのですが、
最終的にはアンとその娘と共に生活することになります。


無感情になること



トマスはそのトラウマに苦しみます。
自殺未遂も起こします。


けれどその後、
十分に苦しみを味わった後は、
もう一切の感情を捨てるように淡々と生きてゆくのみ。

なにごとにも動じず、常に冷静で、時には冷静過ぎて、
アンからは「あなたと生活するのはたいへんよ」
と言われてしまいます。

離婚してから久々に会ったサラには、
「私は立ち直るのに数年かかったのに、いい気なもんね」
と言われ、2回もビンタされてしまいます。


でもこれは、ある種の サバイバルの方法 なんでしょうね。
過去を思い出して苦しみたくなかったら、
苦しみを感じない心を作ればよい。

そんなトマスでも、アンやその娘と過ごす時間は、
ある程度は楽しそうにしていますし、
特に娘に対しては、とても優しく接しています。

だけど、心底愛しているというわけではない、
という感覚はどうしても伝わってきてしまいます。


そして、事件後には、
トマスはより完成度の高い小説を書くようになります。
心も傷もなんとか克服して、成功を収めたかっこうになっています。


ラストシーン



トマスのトラウマの元になっている、とある事件のせいで、
実はもうひとりが苦しみながら生活しています。

その人物は、トマスのせいで弟を失ってしまった少年です
当然、トマスを憎む気持ちもあります。

「自分の母ケイト(=息子をひとり失っている)は老いてゆく一方なのに、
あんただけうまくいっているのは不公平だ」
と言ったりします。

それと同時に、トマスのせいで傷ついている自分に、
どこまで配慮してくれるのか?を、
試すような、乱暴な行動もしてしまいます。


ラストで、そのふたりが対峙する場面があります。
事件のときに、事件をきっかけに、はじめて出会ったふたりが、
改めて向き合います。


トマスは少年を前にして、
「言いたいことがあるなら全部言えばいい」
「したいことがあるなら前部すればいい」
とでも言いたいかのように、
目を閉じて、降参を示すような態度を取ります。

ここでも彼は、動揺をまったく見せません。
少年の乱暴行為も受け入れている様子です。

その少年は、このときにトマスに対するいろんな感情を
整理できたのでしょうね。

最後、ふたりは仲良くあいさつをして別れます。


Everything will be fine.



ラストシーンのトマスの捨て身の様子を見ると、
原題にもなっている
『Everything will be fine.』
というセリフが想起されます。

実はこのセリフ、
劇中、トマスの口からなんども繰り返されます。

トマスが自分自身にも言っているように思えます。


辛い出来事を経験して、
自分も苦しみ、まわりも苦しめるけれど、

『Everything will be fine.』と心に唱えて、
じっと耐えていれば、
あるいは、ただただ時間が過ぎるのを待っていれば、
いつかは傷も癒えてゆく。

きっとこういうことなんでしょうね。


カナダの小さな遊園地



映画の舞台はカナダのとある街です。

カナダ映画を観ていると、たいがいと言っていいほど出てくる、
近所にある小さい遊園地。

いい環境だなと思います。

ほかには、自然や雪景色が印象的でした。


レイチェル・マクアダムスは、
依然として美しく、笑顔が輝いています。

シャルロット・ゲンズブールは、
少し老けてしまいましたが、少女っぽい声と話し方は健在です。
わたしが高校生のときに観た
『なまいきシャルロット』『小さな泥棒』は、
今でもだい好きな映画です。

ボーダーのTシャツ、懐かしいね。
シャルロットの服装をこぞって真似したものです[note]


さいごに感想を少し



全体として、割と淡々と進んでいく感じです。

観終わって、
こういう立ち直り方もあるのだな、と知りました。







金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

映画のジャンルを英語で言うと?

わたしは映画がだい好きです
というのは、ここでもよく言っていますが、

外国人と話していると、
「趣味はなに?」と質問されると、
「映画を観ること」と素直に答えてしまうので、
必ず映画の話をすることになってしまいます。

その際に、
「どんなジャンルが好き?」
という話題に発展することがほとんどです。

そして、自分の好きなジャンルを説明する際に、
つい表現を間違えてしまうことがあったりするので、
ここで「映画のジャンル」の英語訳 をまとめてみようと思います。


映画カテゴリ


映画のジャンルの英語訳



Action/Adventure アクション/アドベンチャー

Comedy コメディー

Documentary ドキュメンタリー

Drama ドラマ

Horror/Suspense ホラー/サスペンス

Romance/Love Story ロマンス/恋愛

Science Fiction/Fantasy SF・Sci-Fi/ファンタジー

Thriller スリラー

Musical ミュージカル


ざっとこんな感じです。


わたしがいつも間違えてしまうのが「Drama ドラマ」

「human drama」と言ってしまうのですが、
human drama は和製英語なのでネイティブには通じない。


それで、「なにそれ?」とか言われて、

Movie based on true story 実話に基づく映画
Emotional movie 感動的な映画

など、具体例で説明すると分かってもらえるのですが、
Drama! って、すぐ言えるようにならなければなりませんね。

今日も間違えてしまったので、その反省も込めて!



ちなみに、映画の「ジャンル」は、

genre ジャンル
category カテゴリ

などと表現されます。





金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

白子めぐり【ほんとうに完結】

白子酢

思わぬタイミングで、
ほんものの(お店が作った)白子酢にありつけました。

はち丸 松任店 にて
http://hachi-maru.com/


もつ鍋と串焼き at はち丸 松任店



はち丸へは、白子目的で行ったわけではなくて、
もともとは もつ鍋 を食べに行きました。

もつ鍋

息子は最近、もつにもはまっていて、
スーパーで買ってきたもつとスープで、
もつ鍋を作ったりしてましたが、
やっぱり店のもつ鍋は違いますね!



はち丸は、もつ鍋のほかには 串焼き が有名ですね。
特に、しろ が有名です。

しろ串

こちらにも大満足の様子でした。



はち丸のいろいろメニュー



ほかにもいろいろ注文しましたよ。

サラダとトマト

金沢野菜のサラダ
冷やしトマト



げそから

げその唐揚げ



アボガドチーズ

アボガドのチーズ焼き



プリン

濃厚プリン



はち丸 松任店は今日も満員でした。
予約して行くことをおすすめします[notes]




金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top