フィリピン セブ島旅行『マリバゴグリル』

今年の 3 月 15 日~18 日に、2 回目のセブ島旅行へ行ってきました。

ホテルやオプショナルツアーの様子などについても追って投稿しますが、
ここではまず、
レストラン「マリバゴグリル」
についてご紹介したいと思います。

「セブでフィリピン料理を食べるなら、ぜったいにここ!」
と、各サイトでも紹介されていて、
日本人にもすでに有名なお店かと思います。

なんといっても コスパの高さ が特徴です。

価格が外国人慣れしていないし、味もふつうにおいしい。
店の雰囲気もよく、屋外にテーブルがあるのですが、
ジャングルをイメージしたような造りになっていて、
南国リゾート気分が味わえます


レストランは、マクタン島 に位置しています。
セブ空港からは 10 分です。
マクタン島に宿泊した場合でも、
セブ市内まで出ていなかなくてよいので便利です。


「マリバゴグリル」メニュー



ネットで下調べした情報に基づいて、
「必ず注文すべきメニューランキング」から、
以下の料理を選んで食べました。


豚丸焼き

★レチョン

豚の丸焼きです。
イモトアヤコ がある番組で、
世界でいちばんおいしい豚の丸焼き
と大絶賛していた料理です。

おいしさの秘訣は、皮にあります。
皮がカリカリで、特別な食感です。
北京ダックの皮を超えています。

レチョンはまさしく、
セブへ行ったら必ず食べたほうがいい料理です。


出されるときは、丸ごとではなく、
切断されて出てくるので、ご安心を[sign01]



あんかけ

★シシグ

これも、クックパッドでレシピが紹介されているくらい、
日本人にはよく知られている料理です。

豚肉や玉ねぎなどを細かく切って炒めて、
鉄板の上で卵をかけて混ぜていただく、というものです。

味付けは醤油+酢ベースですので、食べやすいです。



チャーハン

★ガーリックライス

これはふつうにガーリックライス。
というか、ガーリックしか入っていない。



カレースープ

★カレカレ

豚肉の皮の脂?と野菜のスープです。
色と名前からカレーに見えて、そうではない。
味は、ピーナツ風味。まろやかな味です。



えび

これは名前を忘れました(ごめんなさい)
見た感じ、エビですね。



フィリピン料理について



フィリピン料理は全般に、独特な香辛料が使用されていません。
その点が、他のアジア諸国の料理とは異なります。

味付けには、醤油、塩、酢など、
日本人にはすでに馴染み深いもの、
それに加えて、ココナッツ、ピーナッツなど、
味を和らげるものなどが主に使用されています。

そのため、辛くて食べれないとか、臭くて食べれない、
といったことがほとんどありません。
フィリピン料理がはじめての日本人にとっても、
とっつきやすい味付けではないかと思います。

ちなみに、余談ですが、
フィリピン人に好きな食べ物をたずねると、
上記のどれでもない料理を答えることが多いです。

おそらく、各家庭特有の料理だったり、
ローカルな屋台で売られている料理だったりするのだと思います。
今回も、屋台での食事にチャレンジできませんでしたが、
また機会があれば、地域に根付いた生活も体験してみたいものです[notes]







金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

翻訳作業を容易にするための工夫

翻訳作業を行いやすくするための工夫について、
翻訳者の方々は、日々いろいろと考えていることと思います。

ここでは、わたしがいつも行っている工夫について、
ご紹介したいと思います。


Word 原稿の場合


用語単位で 色分け します。

ワード色分け


色分けすると、いろいろとメリットがあります。

① 誤訳、訳漏れを防止できる

特に中国語の場合、用語どうしの間に助詞が介在しないため、
色分けや強調がされていないと、けっこう読みづらい状態です。
そのため、訳漏れなどが発生しやすいです。

これを防ぐために、
原文を色分けによって読みやすくしておくことは、
正確な翻訳作業にとても役に立ちます

② 原文誤記を見つけられる

対象とする文字列が該当の色に変更されない場合、
その文字列は誤記であるということが分かります。

特許翻訳 では、
原文の誤記は必ず見つけなければならないのですが、
モノクロの文章の目視では、見落としてしまいがちです。
こういった場合でも、視覚的に誤記を発見することができます。


Excel の場合


Excel は、Word ほどの文章編集機能を備えいないので、
それなりに作業しづらいフォーマットでもあります。

よく困ることが、文字が小さかったり、
大きくして見ようとすると、全景が分からなくなってしまったり。

そこで、わたしがよく利用する機能が、
数式バーの文字フォントを大きくする ことです。

エクセルサイズ

こんな感じになります。
ここだけ見れば、Word のような見た目になるので、
原文と訳語で、数式バーどうしを見比べながら作業します。


Power Point の場合


これは最もやりづらい、、、(大きな声では言えませんが)

原文と訳文とを、1 つの画面内に並べて作業できれば、
最も理想的なのですが、まずこれが難しい。
スライド自体が横長なので。

さらにたいへんなのが、
レイアウトも気にしなければならないこと。

英語にしても中国語にしても、
日本語に翻訳すると、文字数に増減があります。
このため、スライド内のテキストボックスのサイズも変わってきます。

これをあまり変化させないように(原文と違わせないように)、
文字サイズを変えたり、行間を調整したりしながら、
訳文の配置を原文とあまり変わって見えないように仕上げます。

その他たとえば、中国語⇒日本語の場合、
日本語の文字数は 3 割増しになります。かなり増えます。
ですので、訳文の文字数を減らすために、
意訳のセンスも大切です

そもそも、プレゼン用途がほとんどなので、
スライドを読んだだけで、すべてを把握する必要はなく、
たいがいの場合、語り手から追加説明がなされます。

このへんは、日本語でスライドを作成するときと同様ですね。

あとは、
ディスプレイをもっと横長のものに買い替える?
くらいでしょうか。

スライドについては、あまりこれといった工夫はできていません[sweat02]



このような感じで、
翻訳者も翻訳だけやっていればいいわけではなく、
付随する作業にも対応する必要があります。
クライアント様の好みもさまざまですし。

なるべく効率的に作業を進められるように、
Office 機能自体にももっと精通して、
いろんな方法を使えるようになりないな、
と思う今日この頃です。






金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

デスクワークのお供

ゴールデンウィークも終盤ですね。
今日は快晴ですが風が強く、砂が俟っている感じ。
でも遠方に遊びに行くには、
天気がよいことがいちばんの条件ですから。
みなさん、ぜひ楽しんでください。


さて、わたしは今日は仕事をしているのですが、
デスクワークには欠かせないものがあります。

それは・・・・・飲み物!

もれなくわたしも、
机の上には必ずなんらかの飲み物を置いています。

だいたい、
コーヒー、日本茶、紅茶 でローテーションします。


最近お気に入りのドリンク



コロンビアダークロースト

KALDI コロンビアダークロースト
KALDI イオンモール新小松店
https://map.kaldi.co.jp/kaldi/detailMap?account=kaldi&accmd=&arg=&bid=428&adr=17&pgret=2


個人的にコーヒーは、
酸味がなくて、少しコクが深いタイプが好きです。

銘柄的には マンデリン がいちばん好き。
あるいは、マンデリンという名前が付いていなくても、
インドネシアなどの東南アジア地区で作られているコーヒーは、
たいがい美味しくいただけます。

これはコロンビア産なので、わたしにとっては冒険だったのですが、
なかなか美味しいではないですか。
もちろん、店頭でちゃんと説明書きを読んで購入しました。




セブコーヒー

フィリピン産コーヒー
SM シティ・セブ
https://www.smsupermalls.com/mall-locator/sm-city-cebu/information/

実は 3 月に 2 回目のセブ島旅行に行ったのですが、
(旅行については、別の機会に投稿します)
そのときに、SM シティで、おみやげついでに買ってみました。

「strong, bold, smooth」という文言だけを頼りに、、、

今日はじめてドキドキで飲んでみたのですが、なかなか美味です!
少し高価でしたが、これにして良かったという感じ。

味は、酸味がなくて少しフルーティです。




棒茶

加賀献上棒茶
中嶋茶舗(白山市)
http://nakashimachaho.com/

さっぱり飲みたいときは、日本茶に限ります。
いただきものです。

昔は急須に入れて飲んでいたのに、
最近はティーバッグタイプで販売されていて、
便利になりましたね~。

このお店では、ほうじ茶ソフト も人気です。




チャイ

チャイ

インドカレー店で飲むチャイは、大好きなのですが、
自宅で同じものを再生するのは、少しむずかしい。

とりあえず、牛乳をあっためて葉っぱを入れて、
砂糖、ジンジャー、シナモンを加えています。

でもそれなりにおいしい。




紅茶

フルーツ風味の紅茶
フルーツのウメダ(鳴和店)
https://www.fruit-umeda.co.jp/

たまに、このような変わり種も。
こちらもいただきものです。

本来はゼりーのお店で、ゼリーもすごくおいしいです。



毎日朝から晩まで PC の前にいると、
ペットボトルの飲料を飲んでいればいいじゃないか、
という具合にはいかず、、、

なるべく美味しくてリフレッシュできる飲み物を求めてしまいます。







金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top