薪肉 ARIGYU

先日、夏の終わりに【薪肉 ARIGYU】へ行ってきました。

こちらは、肉が十分に食べられる創作フレンチのお店です。
【焼肉有牛】の系列 なので肉の質も本物です。

しかもそれらの和牛が薪焼きされて提供されるとのこと。

今回は 6,500 円のコースを注文。
以下がそのメニューです。


前菜とパン

前菜とパン

こちらはとにかく「凝っている」の一言につきます。
料理もひとつずつ細かいうえ、
パンのバターも塩も自家製でオリジナリティが高い。



ムール貝

海鮮盛り合わせ?

こんな庶民的な名称ではなくて、
ほんとはもっとフレンチらしい名称でした。
(忘れてしまってすみません)

ムール貝やエビがいました。
フレンチだけにソースも凝っている。
まわりの野菜もぜんぶおいしかったです。



スープ

スープ

牛タンのスープです。
だしが多分、牛肉コンソメ。
牛肉コンソメのスープは、
ステーキ屋じゃないと食べる機会がないですね。


パスタ

パスタ

緑色はモロヘイヤです。
生地は生のパスタ。
もちもちです!



すし

寿司

肉炙り寿司です。
それぞれローストビーフと和牛。
わたしは食べれなかったのですが絶品だったらしいです~



ステーキ

肉料理

いよいよ 薪焼き和牛ステーキ の登場です。
佐賀牛の「イチボ(臀部)」

イチボは牛のなかで最もおいしい部位らしいです。
ちなみに息子は、生まれてから食べたステーキのなかで、
いちばんおいしいと言っていました。
(16年しか経ってないのにね)

さすが肉屋!



デザート

デザート

シブーストとゼリーです。
白い棒はメレンゲにブラックペッパーを混ぜて焼いたもの。
こちらはすこし変わっていました。



メニュー

メニューです。

これで 6,500 円なので、コスパは高いと思います。
肉も 100g あるので十分。

器からも高級感がほとばしっていて、
フレンチを食べに来たんだなーと、すてきな雰囲気を味わえます。

しかも松任地区にこんなお店があったのかとびっくり。


つぎまた機会があったら、
こんどはカフェの時間に来てケーキを食べてみたい[shine]


薪肉 ARIGYU
https://tabelog.com/ishikawa/A1702/A170203/17010731/



金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top