台湾茶(工夫式)@旺徳福(ワンダーフー)

上海に住んでいた頃、よくお茶市場へ行って、
帰国用のお土産や自宅用のお茶を買っていました。

自宅で飲むときは、ほとんど適当に淹れるのですが、
市場で試飲させてもらうときなどは、
本格的な淹れ方で飲ませてもらえて、
作業を見ているのもとても楽しかった思い出があります。


数年前に、ご近所である
石川県白山市中町商店街に台湾茶専門店ができました。

旺徳福(ワンダーフー)というお店です。
https://chuugokucha.com/


台湾茶について


そして店の前を通っているうちに、
台湾茶について興味がわきは始めました。

それまでは台湾茶についてほとんど知らなかったのですが、
台湾も本土に負けない茶葉の産地であることを知りました。

なかでも 台湾は高級烏龍茶が有名 だそう。

ご参考
https://www.skygate.co.jp/tour/taiwan/tea.html


さらに台湾には、上記のサイトにもあるように、
本土でのお茶の淹れ方とはまた異なる淹れ方が
存在することも知りました。

工夫式 という方法です。


台湾茶の淹れ方 工夫式





立派な茶器や茶道具がたくさん登場するので、
見ているだけでも楽しいですね。


旺徳福(ワンダーフー)に行ってみた


そして当然のことながら、
旺徳福にも行ってみたいと強く思うようになって、
ある日、ようやく行く機会に恵まれました。

店に入ってみたら、
茶葉や茶器がたくさん並んでいました。
感動的です!


イートインが可能 なので、
以下のお茶をオーダーしてみました。

東方美人

東方美人
紅茶のような甘い香りの烏龍茶

前方から見たカップです。
左にあるのが茶こしです。
これに茶葉を入れて、カップに嵌めてお茶を出します。


キーマン

祁門(キーマン)紅茶
世界 3 大紅茶のうちの 1 つです。
ストレートで飲むこと必須の風味です。

これは背面から見たカップ。
茶葉の様子は右側です。


説明

オーダーしたお茶の説明書きも提供してくれます。
とても勉強になります。


香り

香りを試すこともできます。


旺徳福(ワンダーフー)で工夫式を楽しむ


今回はカップでお茶を楽しんだのですが、
もちろん工夫式で淹れてもらうことも可能です。

カップだと 500 円、工夫だと 600 円です。

私たちはその日はおとなしくお茶を飲んでいたのですが、
こちらの店主が、やはり相当詳しそうな方で、
お茶について質問するとなんでも答えてくれそうな方でした。

お店のウエブを拝見してもネット販売をされていることも窺えます。

お茶も、カップ 1 杯を注文しても、
3 杯くらいは出るので、
お茶の話を聞きながら長居するのもいいですね。


旺徳福(ワンダーフー)の甘味


旺徳福にはありがたいことに、
お茶のお共にケーキが何種類か用意されています。

チョコケーキ
チョコレートケーキ

チーズケーキ
チーズケーキ

これら、ケーキセットで注文しても 600 円というお手頃価格!
良心的です。


店内の茶器をひとつずつ眺めているのも、
とても楽しかったです。


高山烏龍茶に挑戦!


そして先日、旺徳福(ワンダーフー)のお土産に、
高山烏龍茶をいただきました。

高山

色はうっすら緑色です。
そして香りが感動的にすばらしい。

いつも説明するのが難しいのですが、
台湾の高級烏龍茶の香りは、
なんいうか特有の上品さがあります。


日本にないので説明が難しい~


この高山烏龍茶は、
かなり乱暴な淹れ方で飲んでしまったのですが、
いつか茶器が揃ったあかつきには、
礼儀正しく優雅に飲んでみたいものです。




金沢の翻訳サービス株式会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「株式会社IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス株式会社IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

【金沢六角堂】10月の食事会

去年の話になってしまって恐縮なのですが、
10月に金沢六角堂へ行ってまいりました。

https://www.asadaya.co.jp/rokkakudou/shop/index.html

今回はいつもよりも贅沢にいただきました。


【金沢六角堂】コースメニュー


ステーキのコースに海鮮メニューを追加しました。
肉の種類は、能登牛、オージーなどから複数選択しました。

以下に注文したものを並べてみます。

前菜

前菜
テリーヌ、野菜、魚介の酢の物などです。
どれも丁寧に凝った作りで、
すべてひと口でペロッといただきました。


スープ

牛テールのコンソメスープ
牛のコンソメなんて、ステーキ屋さんに来たときしか、
食べるチャンスがないですよね。
深みがあっておいしかったです。


さざえ焼き

さざえ焼き(しいたけとアスパラ添え)
サザエがこりこりで絶品なのはさることながら、
隣にいる野菜も、とてもおいしかったです。


真鯛

真鯛の海苔ソースがけ
これ、個人的にいちばん好きでした。
真鯛と海苔がとってもよく合っていた。


サラダ

サラダ
サラダもどこを取っても完璧です。
ドレッシングもとてもおいしいし、
今回は特に、舞茸との組み合わせがよかったです。


ステーキ

ステーキ
そしていよいろお肉。
ソースは醤油ベースにからしを加えたものと、
辛みその 2 種類が付いてくるので、良心的ですね。
焼き加減も、ものすごく柔軟に対応してくださいます。


もやし

お肉の横のもやし
毎回書いてますけど、ここのもやし炒めが最高なのです。
調味料は、塩コショウとごま油しか使っていないと思うのですが、
どうしてこんなにおいしい味が出せるのか謎!
これだけ食べに来てもいいくらい、
個人的には六角堂のもやし炒めが大好きです。


食事

お食事
ごはんとお味噌汁と香の物です。
漬物も絶品。とてもやさしい味です。


デザート

デザート
場所を喫茶室に変えて案内されます。
デザートは固定で、
飲み物がコーヒーと紅茶から選択できます。
私はこのとき、どうしてもチョコケーキが食べたくて、
基本のデザートに追加注文しました。
おかげで腹パンです。


店内

店内はハロウィン
ちょうどその時期だったので、
ホールの中央部にはカボチャの置物などが置かれ、
ハロウィンの気分を味わうことができました。



金沢六角堂は年に 1 回利用させていただいていますが、
いつ伺ってもサービスが行き届いているので、
安心して食事をすることができます。


また機会があれば、ぜひ利用させていただきたいです[shine]






金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

誕生会

わたくしごとで恐縮ですが、
来週 2 月 13 日に誕生日を迎えます。
先週末に早めの誕生会を開催してもらいました。


今年はいちごショートケーキと手巻き寿司でした。


誕生日ケーキ@ロビーカフェ ファシーノ(ホテルトラスティ 金沢香林坊)


https://ct.rion.mobi/trusty.kanazawa/2/9.html


トラスティホテルのカフェで購入してもらいました。

ケーキホール


ケーキ断面

ショートケーキとりわけ生クリームは、
ロビーカフェ ファシーノ製が、
金沢でいちばんおいしいと個人的に思っています。


ふわふわなのはさることながら、
甘さ控えめのさじ加減が絶妙です。


外壁は流行りのいちご断面が見えて、
実物は映え映えでした!
しかしこの写真は崩れています。すみません。


手巻き寿司@大口水産(ピアゴ白山店)


http://www.ohguchi.co.jp/shop/

手巻き寿司


事前に電話で手巻き寿司の具材を予約できました。
普段は正月とかひな祭りとかしか登場しないので。


新鮮お魚です。

手巻き寿司は個人的に、
魚と一緒にかいわれ大根を巻いて食べるのが好きです。



今年も真心のこもったお祝いをしていただきました。
ありがとうございました[heart04]


吹雪の金沢


今日の石川県は風が強くて大荒れです!

朝晩はいろんな場所が凍るので、
滑らないように気を付けなければなりませんね。



金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

翻訳チェックお役立ちツール~色 de チェック(基本)~

翻訳したものをチェックする際に、
主に自作の excel 表(前回の記事に記載)を使用していたのですが、
もっと使い勝手が良くてスムーズに作業できるものがないかな?
と、ずっと考えていました。

翻訳会社によっては、独自のシステムを使用している所もあります。

そうしているうちに見つけたのが【色 de チェック】マクロです。

https://www.wordvbalab.com/word-addin/iro-de-check/

【色 de チェック】マクロが、
どんなものか?どんなことができるか?については、
上記サイトをご覧いただくのがいちばん分かりやすいかと思います。

ここでは主に、実際の使用例や便利なところなどについて、
ご紹介したいと思います。


【色 de チェック】使用例


*以下の説明は英日翻訳のケースです。

おおまかに言うと、
前回ご紹介した自作 excel 表のように、

訳漏れ
符号記載漏れ
訳揺れ
スタイル揺れ
誤記
原文誤記


を見つけることを目的として使用しています。


まだ全部の機能を使いこなせていないのですが、現時点では、

原文と訳文に登場する数値のチェック
用語集を使用した原文と訳文に登場する用語のチェック


の機能を主に利用しています。


【色 de チェック】でチェックしたファイル例


色でチェック画面

こちらがイメージです。

(引用させていただきました)
https://www.wordvbalab.com/word-addin/iro-de-check/


ファイル形式も各種対応しています。

サイトでは、
2 つのファイルから「対訳表」を作成する方法が、
主に説明されています。

それでもいいですし、
私は Trados を使用した案件が大半なので、
Trados からエクスポートしたバイリンガルファイルを使用しています。


【色 de チェック】の特徴


自作 excel 表はそもそもたいしたことがないですし、
比較するのもたいへん恐縮ですが、
excel 表とは以下の点で異なります。

word マクロ機能であること
excel 表では、あくまでも照合された数値の差しか、
見ることができませんでした。
セル上での不一致について実ファイルまで見に行って、
どの用語が不一致なのかを調べる必要がありました。

色 de チェックの場合、
チェック結果が word 上で表示される
(原文と訳文の対比表の上で、
テキストの色やマーカーによって表示される)
ので、
どこの何がおかしいのか、すぐに見つけることができます。

大文字と小文字の区別が選択制
区別することも区別しないこともできます。

英語はあくまでもスペース区切りで拾う
excel 表では、語形の変化に対応するために、
単語の途中まで(例えば「translat」)を設定していたのですが、
色 de チェックはスペースでしか区切らないので、それができません。
(この後の「用語集」の節で詳しく説明します)

複数形に対応
対象の用語は単数形のみを使用すればよいです。

原文に存在する用語が訳文に存在するかどうかを見ている
原文に存在する用語と訳文に存在する用語の数を照合するだけではなく、
「存在するかどうか?」をひとつずつ当たって見ています。


【色 de チェック】の用語集を使用した例


訳漏れや訳揺れをチェックするにあたり、
そもそもチェック対象の用語を定義しておく必要があります。
その際には「用語集」を使用します。

用語集は自由に作成できます。
形式はテキストであれば任意のもので大丈夫です。
わたしは excel を利用しています。

用語集

こんなイメージです。

この用語集に設定された用語についてチェックを行います。

複数形には対応していても、
語形の変化には対応していないので、
動詞は変形バージョンも全部設定する必要があります。

私はけっこう細かく(たくさんの用語を)設定してあるので、
用語の量としては毎回 1,500 個くらいになります。

便利ですよね!
こんなに大量の用語を機械がやってくれるのですから。



【色 de チェック】は英語以外にも対応


サイトにも掲載されていますが、
【色 de チェック】は英語以外の言語にも利用可能です。

中日翻訳のケースをご説明します。

色でチェック中国語

こちらが中日翻訳で使用したファイルのイメージです。

対応が一致している数値はテキストが水色で表示されます。
一致していない数値は黄色で表示されます。

用語集に設定してある訳語と一致しない訳語がある場合は、
原語のテキストが赤色で表示されます。
一致している対応は言語のテキストが青色で表示されます。

着色の方法は任意に変更できるので便利です。

用語集中国語

こちらが用語集(中日翻訳用)のイメージです。


便利すぎる【色 de チェック】


どうでしょうか?
たいへん便利ではないですか?

使い始めて数か月ですが、
【色 de チェック】はもはや手放せなくなっています。

ど素人による自作 excel がすでに懐かしいです
(今は特定の用途にのみ使用しています)。


上記の説明には記載できなかった、
さらに便利なオプションも豊富です。

またこれらは、
あくまでも私が使用している機能であり、
そんな私もまだ使いこなせていない知らない機能があるので、
本当に一部のご紹介だと思います。

さらに学習を深めて、ご紹介できる機能を習得できれば、
また随時お知らせしたいと思います。


雪の金沢


金沢は昨日から本格的な冬がはじまりました。

夜には雪がしんしんと降っていました。
今はもう止んでいる様子ですが。

でも今年はほんとに雪が降らない。
異様な年です。

インフルやその他もろもろ流行していますが、
皆様もご自愛くださいませ。





金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

翻訳チェックお役立ちツール~excel 関数~

前回の記事

翻訳チェックお役立ちツール~チェックについて~

では、翻訳チェックの概要についてご説明しました。

ここでは、翻訳チェックのうち、
機械的な作業に対して使用できるツールというか
(ど素人による自作なのでたいしたものではない)
ちょっとしたチェック機能をご紹介いたします。


excel 関数を使用したチェック表


このチェック表では、以下の項目をチェックできます。

訳漏れ
符号記載漏れ
訳揺れ
スタイル揺れ
誤記
原文誤記


実際の作業としては、
原文に存在する用語と訳文に存在する用語の数を、
セグメントや段落ごとに比較することで上記項目をチェックします。



LEN 関数を使用した文字数カウント


*以下の説明は英日翻訳のケースです。

エクセル

画面イメージはこのようになります。


これは、Trados で作業したあとのファイルを
external review のバイリンガルファイルにエクスポートし、
それを excel に張り付けた形式です。

Trados ファイル以外でも、
原文と訳文をセル単位で対応させることができれば、
どんなファイルでもかまいません。


表の説明ですが、

A~D 列は、Trados 形式をベースに作成してあります。
source 列には原文、target 列には訳文が入ります。
segment 列は、Trados のセグメントに対応しています。


BCI ~の列には、
チェック対象の用語について、
原語と訳語の行が 1 対ずつ完結するように、
見やすさを優先して交互に入力しています。

たとえば、
水色の列が原語「malicious」、白色の列が訳語「悪意のある」です。

ここで入力する用語ですが、
自分でチェックしたいと思うものや、
目視では見逃しがちな複雑なものなど、
任意の用語を設定すればよいと思います。


2 行の緑色は、ファイル全体における、
原語と訳語の比較の合計です。

それより下は、セグメントごとの比較の数です。


LEN 関数を使用した文字数カウント機能


このチェック表で使用する関数は LEN 関数です。

以下に関数のサンプルを示します。

合計欄(緑色)原語:=SUM(LEN(B4:B526)-LEN(SUBSTITUTE(B4:B526,"malicious","")))/LEN("malicious")
合計欄(緑色)訳語:=SUM(LEN(D4:D525)-LEN(SUBSTITUTE(D4:D525,"悪意のある","")))/LEN("悪意のある")
原文蘭(水色):=SUM(LEN(B17)-LEN(SUBSTITUTE(B17,"malicious","")))/LEN("malicious")
訳文欄(白色):=SUM(LEN(D17)-LEN(SUBSTITUTE(D17,"悪意のある","")))/LEN("悪意のある")


この関数の計算結果によって、
ある用語について、
原文中に登場する回数と訳文中に登場する回数とを比較します。


実際の作業する際は、
この水色と白色に記載されている数字を見ながら、
不一致がないかどうか探していきます。

原語の数が訳語の数よりも多いときは、
訳漏れまたは訳揺れが疑われます。

訳語の数が原語の数よりも多いときは、
訳揺れまたは原文の誤記が疑われます。

このふたつのパターンが同時に存在している状況では、
緑色の比較合計欄の数は一致することになるので、
合計欄はあまりあてにせずに、セグメントごとの不一致を調べます。

不一致のあるセグメントがあった場合、
左のセグメント番号を参照して、
実際の Trados ファイル上で修正します。


符号の抜けもこれで容易に見つけられます。

原文の誤記(目視では見逃してしまうような)も、
これで見つけられるのが、ありがたい副次的作用です。


チェック表作成のポイント


チェック対象の用語が決まると、
それを入力する際に気を付けておくと便利なことがあります。

語形の変化

たとえば、
translate、translated、translation の全部を拾いたい場合は、
「translat」と入力します。

take、took などの語形が完全に変化するものは、
両方とも入力する必要があります。

複数形

複数形の場合も語形の変化の場合と同様、
単語の途中まで入力します。

device は「device」になります。
axis、axes は両方を入力したほうがいいです。

大文字小文字

こちらも考え方は同様ですが、省略する文字が先頭になります。

embodiment は「mbodiment」と入力すれば、
大文字のものと小文字のものの両方が拾えます。


この辺の感覚は、特許調査のノウハウ を持って入れば、
より分かりやすいと思います。


少し煩雑な excel 関数チェック表


この表を使用すると人間が見逃すものも見つけれくれるので、
便利かつ正確なことには間違いないのですが、
実際の使い勝手は、それほどよくないというか、
表の作成(チェック対象用語の入力)とチェック作業が、
けっこう時間がかかります。

10,000 ワードの原稿の場合、
チェックするのに 1 日くらいかかります。

でもこれしか知らなかった、これしか作れなかった頃は、
仕方ないと思って使用していました。

そんななかで、先の記事でも触れた
【色 de チェック】というマクロを見つけるわけです。


次回はこの【色 de チェック】マクロについてご紹介します。





金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top