翻訳チェックお役立ちツール~チェックについて

特許翻訳は正確さや厳密さが大切なのは、
かねてから書いているとおりです。

翻訳時に発生するエラーとしては、
以下のものが挙げられます。

訳抜け(訳が単語単位または文単位で抜けている)
誤訳(訳語の選定誤り)
訳ゆれ(訳語が統一されていない)
表記ゆれ、スタイルゆれ
スタイル違反(公的/クライアントのスタイルガイドを遵守していない)
誤字脱字、誤記



これらのポイントについて、通常は、
翻訳者が訳した文章をチェッカーや校正者が確認を行っています。

しかし、このチェック作業のなかには、
機械的に行う部分もあり、
人間の目視によるチェックでは限界がある場合もあります。


そこで、チェック用ツールというものが、
いくつか存在しています。


翻訳チェック用ツール


わたしが使用したことのあるものとしては、
以下のものがあります。

Trados QA Checker 3.0
Xbench
word 文章校正機能
各クライアントから配布されるマクロ



これらのツールで見つけられるエラーとしては、

訳抜け
符号の抜け/誤り
スタイルガイド違反

などが代表的です。

しかしこれらのツールの個人的な感想としては、
もう一声というか、痒い所に手が届かないなといった印象です。

要するに、現状の機能では、
チェックすべき項目を全部チェックできないわけです。

ですので、わたしはこれらのツールを、
翻訳語の文章を目視でチェックしたあとの、
2回目のチェック用に使用しています。


結局、人間の作業の部分はあまり軽減できないな、
と感じながらチェックをしていました。

一方で、
たとえば、訳漏れ、訳ゆれ、符号の誤りなど、
絶対に機械にやらせたほうがいいと思う部分
について、
どうにかならないものかと考えていました。

そこで、ある方法を思いつきました。

excel 関数を使用した方法です。

これについては、次の投稿でご説明しますが、
最近、それよりも優れたツールがあることを発見しました。


翻訳チェックツール【色 de チェック】


エヌ・アイ・ティー株式会社が販売している、
【色 de チェック】というマクロです。

https://www.wordvbalab.com/word-addin/iro-de-check/


これが優れものなのです。

自分で作った excel 関数を使いながらも、
もっと便利なものがないのかと、
2 年くらいかけて探していたところ、
ようやく【色 de チェック】を見つけました。


機械でできることは機械に任せればいい、
と常々思っていながら、
実際に機械に全部を任せられることはなかったのですが、
【色 de チェック】はこれらの作業をほぼ全部やってくれます。


こちらの詳細については、
さらにその次の投稿でご説明したいと思います。



~次回につづく~



金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

映画レビュー【パラサイト】




【パラサイト】

解説

「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」「スノーピアサー」の監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品。キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。共演に「最後まで行く」のイ・ソンギュン、「後宮の秘密」のチョ・ヨジョン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシク。

2019年製作/132分/PG12/韓国
原題:Parasite
配給:ビターズ・エンド

出典
https://eiga.com/movie/91131/



もうみなさんご覧になりましたか?
これはぜったい見ないとだめなやつです。

カンヌで最高賞をとりましたけど、
それ抜きにしてもぜったい見ないとだめ!

斉藤工みたいなことを言ってますが、
間違いなく今年おすすめ作品です。


【パラサイト】レビュー


今日鑑賞したばっかりで、
何をどうまとめればいいのかわからないのですが、
思うことを徒然てみたいと思います。
(ネタバレは少し含みます)


まず、ポンジュノ ブラボー!の一言に尽きます。

ポンジュノ作品はずべて鑑賞していますが、
そのなかでもいちばんでしょうね。パラサイト。



時系列の切り替えに対する
カメラワークのトリッキーな織り交ぜ方は健在でした。

回想シーンが現在シーンとうまく混在させられているので、
回想でも実際に起こっているような錯覚に陥ります。

この錯覚というか立体感がものすごくて、
なんともハッとする瞬間なのですが、
これはポンジュノ作品を観たときにしか感じない。

上手いです。とにかく上手い。


あとすごかったのは、
ソンガンホ一家の宴会シーンの長回し。
カットなしでカメラの目線はひとつで、
話し手を順番に映していく。
臨場感満載です。


場面場面の伏線とか、そのための小道具使いとか、
感動するポイントはほかにも多数ありました。

監督が担当したスクリーンプレイが秀逸なのはさることながら、
たくさん散りばめられている伏線のなかでも、
回収できない伏線があったり、
やっぱりポンジュノだよねと思います。

とにかくポンジュノ固有。
オリジナリティに溢れていました。


ソンガンホ氏の演技も注目ポイントだと思いますが、
終盤の殺戮場面の大団円での表情だけの演技。
秀逸です。

自身の子供たちが危険にさらされるのを見ている不安な表情から、
朴社長のくさい表情を見たときの殺意に変化する顔演。

これはもうソンガンホ氏にしかできない技でしょうね。


【パラサイト】ストーリーについて思うこと


ストーリー的には総じて、

貧困層が悪の手を使って善良な富裕層を騙して、
楽においしい思いをしようとするが、
そんなに簡単にはいかない。

最終的には失敗して、
貧富の差の壁は依然として高いし、
悪を働いた代償は背負わなければならない。

といった内容です。


乱暴な言い方だと、
貧乏人が自分で立てた波風を自分でかぶって、
そのとばっちりを受けた金持ちが犬死にさせられる。


なのですが、
そこはやっぱり、ポンジュノの作り方であり、
ソンガンホをはじめとした役者陣の名演であり、
これらが話をとてもおもしろくしています。


映画の途中まで、
比較的コミカルに微笑ましい感じで進んでいきますが、
元の家政婦の秘密が暴露されてからは、
ハラハラドキドキが連続する時間です。

ラストもいかにもポンジュノらしいです。


あとは、
善悪の物差しが無視されているところも
特記すべきところかなと思います。

どちらかと言うと、
善良な人々が憎らしく映ってしまうような作りです。


【パラサイト】印象に残ったシーン


いちばん印象的だったシーンは、
息子が雪山に登って、そこからあの邸宅を見下ろすシーンです。

自分たちが住んできた半地下でもなく、
乗っ取ろうとした邸宅でもなく、
さらにその上まで行って、かつての夢の跡を眺める。

そしてそこで、
あのモールス信号を見つけることができるわけです。

とても重要な場面でもあります。


【パラサイト】半地下のにおい


本作はにおいを表現することを試みた作品と言われています。

本来、においは伝達できないものですが、
そういった難度が高いことにチャレンジしたということ。

「半地下のにおい」は、
作品全体を通じて重要なキーワードでもあります。

劇中では、
古い切り干し大根のにおいとか、
煮洗いした雑巾のにおいとか、
表現されていましたが、
個人的には、カビのにおいなのだろうなと思っています。


善良な金持ちが唯一善良には見えなくなる部分であり、
それを理由に殺されてしまう部分というのが、
貧乏人をそのにおいに基づいてバカにする部分であったりします。



映画は映画としておもしろいのですが、
韓国に長く存在している貧富の差については、
しっかりと考えなくてはならないですね。

坂道に廃墟まがいの住宅と屋台が並ぶ風景は、
韓国映画には頻繁に登場しますが、
それを見るたびに、ああ、そうなんだよな、
と思い知らされます。



本作、もちろん再鑑賞したいのですが、
過去のポンジュノ作品もぜんぶ観直したくなります。
それくらいおもしろかったし、ポンジュノやっぱり天才です。

あとはもう黙って観に行ってくださいと言いたいのみ!
オスカー・ゴーズ・トゥーにもぜひ期待したいです[shine]




金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

映画【White Oleander】のセリフから感想まで



【White Oleander】ホワイト・オランダー

解説

ジャネット・フィッチの全米ベストセラー小説を、豪華女優陣の競演で映画化したヒューマン・ドラマ。美しく支配的な母親が逮捕されたことで、里親を転々とすることになる少女の心の自立と母との葛藤を描く。監督は「嵐が丘」のピーター・コズミンスキー。主人公には新人アリソン・ローマン。その母親にミシェル・ファイファー。共演にレニー・ゼルウィガー、ロビン・ライト・ペン。

2002年製作/109分/アメリカ
原題:White Oleander
配給:ギャガ=ヒューマックス

ストーリー

美しくカリスマ性を持つ芸術家の母イングリッド(ミシェル・ファイファー)が、恋人殺しの罪で逮捕され、終身刑を宣告された。天涯孤独となった15歳の娘アストリッドは、3人の里親の下を転々とすることに。彼女は里親たちとの新しい生活になじもうと努力するが、そんな娘の変化を敏感に感じ取るイングリッドは、「自分を見失うな、他人に心を許すな」と、獄中からも独善的な価値観で娘を縛り付ける……。

出典
https://eiga.com/movie/51841/


【White Oleander】レビュー


これはほんとにほんとに大好きな映画です。
何十回鑑賞したか分かりません。


一言で言うなら、
自己愛の強い母との共依存関係を克服する娘の物語
といった内容です。


そんな母しか知らなかった娘なわけですが、
母の服役を境に、はじめて外部環境に触れて、
当然いろんな人とも関わりを持ち、
これまでの母との関係を見直していくことになります。

母を憎むタイミングにも遭遇しますが、
最終的には許すというか、
「あれでも私を愛していたのだ」
というセリフがラストで綴られます。


この映画の何が好きって、
とにかく「白」の美しさが際立っているところと、
それに負けないミッシェル・ファイファーの圧倒的「美」。


とりわけ最後の法廷のシーンで、
ミッシェルが白いブラウスに白いスカートで登場する場面。
圧巻です。

白い夾竹桃(=White Oleander)を枝から切り取って、
牛乳の中に入れるシーンも大好きです。

このとき、ミッシェルは、鮮やかな青色の服を着ていて、
(この映画では、ほとんど白か青の服しか着ない)
その対比がまた美しいのです。


内容いろいろ、語りたいことが尽きないのですが、
今回の投稿では、劇中の印象深いセリフを
いくつかご紹介したいと思います。


【White Oleander】代表的なセリフ①


娘に対して独裁的な母を象徴するセリフとして、

I made you, I'm in your blood.
You don't go anywhere until I let you go!

血の繋がりは簡単には断てない。
私を置いていくことはできない。


「I made you」はおそらく、
日本人はこういうこと言わないですね。
私の自分の息子には言わない。
とてもパワフルな言葉です。


そしてこれを言われた娘が次のように対抗します。

Then let me go.
You look at me and you don't like what you see,
but this is the price, mother.
The price of belonging to you.

もう自由にさせて。
ママはこんな風になった私をきらいだと言った。
でもこれが、あなたに従ってきたことに対するせめてもの代償なの。


「The price of belonging to you.」

毒親に育てられた子供は毒を持って育つ、
みたいなことを遠回りに言いたいのでしょうね。


この親子特有なのかもしれませんが、
愛情や関係性を表す表現が too powerful 。
あたりの強いセリフが豊富ですが、そこもこの作品の良さですね。


【White Oleander】代表的なセリフ②


先に触れた、母が牛乳に夾竹桃を入れるのは、
夾竹桃の毒を恋人に飲ませて殺害するためなのですが、
そのときに言ったセリフとして、

Love humiliates you.
Hatred cradles you.

愛することは屈辱。
憎しみは原動力。



なんというひねくれものなのでしょう。
と思ってしまいますが、
こういう思想を維持していなければ、
あの母のように強く振舞うことはできないのでしょう。

世の中、ことごとく冷めて見える人がいますが、
彼らは実は人並み以上に敏感だったりします。

感傷に浸ると一気に崩れ落ちてしまうので、
なるべく淡々と強く振舞っていようとする。
そうすることで自分を保持したいから。

この母も然りですね。
じゃないと、自分と娘を捨てた夫のことも、
自分を裏切った恋人のことも、
そんな現実は受け入れられない。

この母のもっとすごいのが、
上記セリフを、娘に教えて聞かせているところ。

毒そのものですが、それにも勝る美しさで、
妙に説得されてしまいます。


【White Oleander】代表的なセリフ③


映画の冒頭で娘の朗読があります。
大人になった娘が過去を振り返って、
母との生活や自分のことを語っているシーンです。

ほかの人のように満たされなかった少女時代を、
うまく表現しているセリフなのですが長いので掲載だけ。


Everybody asks why I started at the end and worked back to the beginning.
The reason is simple.
I couldn't understand the beginning until I had reached the end.
There were too many pieces of the puzzle missing.
Too much she would never tell.
I could sell these things.
People want to buy them.
But I'd set all this on fire first.
She'd like that.
That's what she would do.
She'd make it just to burn it.
I couldn't afford this one, but the beginning deserved something special.
But how do I show that nothing, not a taste not a smell, not even the color of the sky has ever been as clear and sharp as it was when I belonged to her.
I don't know how to express that being with someone so dangerous was the last time that I felt safe.


出典
http://www.script-o-rama.com/movie_scripts/w/white-oleander-script-transcript-lohman.html


【White Oleander】コラージュ作品


この映画では、母がアーティストの設定なので、
すてきなコラージュがたくさん登場します。

わたしは、娘が大人になってから作っている、
スーツケースのシリーズがいちばん好きです。


そのほかにも、本作、キャストが豪華です、
主演のアリソン・ローマンは、もちろんかわいいし、
助演女優の美の競演も見られます。


ロサンゼルスの夏の風景も見どころです。


よろしければご鑑賞ください[notes]




金沢の翻訳サービス会社イポメアのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社office IPOMOEA(イポメア)の公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

【旬味 にしで】今年初訪問

先日、白山市【にしで】に行ってきました。

旬味 にしで
https://tabelog.com/ishikawa/A1702/A170203/17007367/

【にしで】は訪れるたびに驚きと楽しさが満載なお店です!


いつもコースメニューを注文するのですが、
料理内容と器が毎回異なっていますし、
メイン周辺に散りばめられている飾り野菜の形と味もさまざま。

器のいたるとことで
小さくてかわいい野菜をたくさん見つけることができます。

そして今回も、
蟹、牡蠣、白子、石川の鮮魚など冬の味覚が全種類登場しました。


【にしで】コース 6,000 円 + 和牛(単品)



付き出し

付き出し

なまこ酢、えび、ばい貝、数の子、コロッケなど。
器がかわいい瓢箪でした。


おつくり

おつくり

新鮮でおいしいのは言わずもがなですね。


ぶり

ぶりの焼き物

ぶりがおいしいのはさることながら、
う〇こみたいな白と赤のくるくる!
蕪?大根?か分かりませんが甘酸っぱくておいしいかわいい。


からすみせいろむし

からすみのせいろ蒸し

これすごいです。
からすみなんて珍味すぎてあまりおいしいと思わないものなのですが、
にしでのからすみはほんとにおいしいと思う。
もち米と一緒に食べるのもはじめて体験しましたが絶品でした。


白子フライ

白子フライ

白子はぷりぷりジューシーです。
白子が苦手なわたしは、それよりもその隣の鰯フライに感動!

鰯の身に、梅、しその葉、内臓を挟んで巻いたフライです。
ふだんは魚の内臓とか、ぜったいに食べない(きらい)のですが、
これはおいしいと思いました。
梅としその葉でうまく中和されていました。


ステーキ

宮崎牛の網火焼き

その日は能登牛がいなかった残念。
代わりにこちらを追加で注文しました。
とろとろのステーキです。


大根かに

ふろふき大根の蟹あんかけ

コースも終盤にさしかかり、ほっこり一休みな味です。
出汁そのもの系の料理もにしでさんの得意技だと思います。


酢の物

酢の物

牡蠣はここで酢の物になって登場しました。
白いのはカリフラワー。
なんの色かは分からないのですが、
酢が全体に黄色くて鮮やかな見栄えでした。


辛味大根おろしそば

辛味大根おろしそば

お食事はそば!
あんまり辛くなくて上品な味でした。


デザート

デザート

いちご、シャインマスカット、パイナップル、パウンドケーキ。
お食事のときのお茶は棒茶なのですが、
デザートにうつると緑茶を新たに出してくれます。
その緑茶もとってもおいしい。
高級茶葉なのだろうなと、どしろうとのわたしでも想像がつく。


こんな感じです~
どれをとっても間違いない料理ばかりを提供してもらいました。

コース内容についても、
ボリューム重視とかアレルギーとか、
事前に伝えれば柔軟に対応してもらえるらしいので良心的ですね。

いつも書いてますけど、
お店がうちの隣に立っていて毎日いいにおいが漂ってくる。

行きたいなーと思いながら実際に行ってみて、
こういうのを作っていたのか!と感動します。

みなさんもぜひぜひ訪れてみてください[shine]
ぜったいにご満足のはず[heart04]




金沢の翻訳と通訳サービス会社IPOMOEAのFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢を中心に翻訳サービスを展開するoffice IPOMOEAの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

Trados 新しいプロジェクトの作成

最近では Trados を含め、
さまざまな 翻訳支援ツール が普及しています。

わたしが Trados を導入してから 2 年経ちましたが、
いまだに操作がよく分からないと感じることがあります。

Trados では、公式マニュアルみたいなものはあるのですが、
トラブルシューティング用のドキュメントがありません。

困ったときは、
ユーザー個人の方々がブログで記載していることや、
海外の知恵袋みたいなサイトを参照しながら四苦八苦しています。

自分でも、操作のまとめみたいなものを作っておきたいなと、
日々感じながら仕事をしているので、
それらをここでも掲載しながら、
情報をシェアできればなと思っています。


いちばん最初に Trados を使用するとき


Trados では、ただ翻訳していくだけでは、
Trados を使っている意味がなく、
知っていれば便利な機能がたくさんあります。

たとえば、
新規翻訳でも翻訳メモリを設定しておかないと、
対訳を蓄積することができず、
一致している文章や繰り返し文章を特定できません。

今回は、Trados で新しいプロジェクトを作成する方法について、
図とともに分かりやすくまとめました。

翻訳メモリは新規作成し、
最低限の項目のみを設定するシナリオです。


Trados で新しいプロジェクトを作成する


さっそく作ってみましょう。

[ファイル]->[新規]->[新しいプロジェクト] を選択します。

[新しいプロジェクト] ダイアログが開きます。


新しいプロジェクトダイアログ

[プロジェクトの種類] 画面が開きます。

「プロジェクトテンプレートに基づくプロジェクトの作成」は
「Default」のままにします。

[次へ] をクリック。


ポップアップで、
「ユーザー名とパスワードを指定して、サーバーにログインします」
と表示されたら [キャンセル] を選択します。


プロジェクトの詳細

[新しいプロジェクト] ダイアログに戻ると、
[プロジェクトの詳細] 画面が開きます。

ここでは、プロジェクトの名前や保存場所を指定します。
たとえば「プロジェクト6」と入力します。

[次へ] をクリック。


プロジェクトの言語

[プロジェクトの言語] 画面が開きます。

原文言語と訳文言語を指定します。

[次へ] をクリック。


プロジェクトファイル

[プロジェクトファイル] 画面が開きます。

[ファイルの追加] から任意のファイルを指定します。
たとえば「①Trados.doc」というファイルを選択します。

[次へ] をクリック。


翻訳メモリ

[翻訳メモリと自動翻訳] 画面が開きます。

ここでは新しく翻訳メモリを作成する場合を例にします。
メモリ名にたとえば「①メモリ」と入力します。

[作成] をクリック。


翻訳メモリ全般

[新しい翻訳メモリ] ウィンドウの
[全般] 画面が開きます。

翻訳メモリの名前や保存場所を指定します。

[次へ] をクリック。


フィールドと設定

[フィールドと設定] 画面が開きます。

何もせずにとばします。

[次へ] をクリック。


言語リソース

[言語リソース] ウィンドウが開きます。

何もせずにとばします。

[完了] をクリック。


翻訳メモリを作成しました

[作成中] 画面が開きます。

翻訳メモリの作成が完了した旨が表示されます。

[閉じる] をクリック。


翻訳メモリできあがり

[新しいプロジェクト] ウィンドウに戻り、
[翻訳メモリと自動翻訳] 画面が開きます。

翻訳メモリが設定されていることが分かります。

[次へ] をクリック。


用語ベース

[用語ベース] 画面が開きます。

今回は用語ベースを使用しない例ですので、
ここは何もせずにとばします。

[次へ] をクリック。


プロジェクトの準備

[プロジェクトの準備] 画面が開きます。

何もせずにとばします。

[次へ] をクリック。


一括作成

[一括処理の設定] 画面が開きます。

このままにします。

[次へ] をクリック。


プロジェクトの概要

[プロジェクトの概要] 画面が開きます。

プロジェクトについて表示されているので、
内容を確認します。

[完了] をクリックするとプロジェクトの作成に入ります。


プロジェクトの設定

設定し直したい項目がある場合は、
[プロジェクトの設定] をクリックすると、
[プロジェクトの設定] ダイアログが開くので、
ここで設定できます。


プロジェクトの準備中

設定が終わると、
[プロジェクトの準備中] 画面が開きます。

プロジェクトの作成と設定が完了した旨が表示されます。

[閉じる] をクリック。


プロジェクトウィンドウ

プロジェクトが作成されました!


上記作成手順の途中で、枝分かれしていける詳細設定もあるのですが、
また別に機会にご説明できればと思います。






金沢の翻訳サービス会社IPOMOEAイポメアFC2ブログランキング

金沢の翻訳サービス「office IPOMOEA」ブログピープルへのリンク
金沢の翻訳サービス会社オフィスイポメアの公式ホームページです。
http://ipomoea.biz/
comments (0) | trackbacks (0) | posted by Yukina Miyazaki

to top